1. 会社でコーヒーを出す際のマナー

会社でコーヒーを出す際のマナー


 会議の時やお客様が打ち合わせに来た時は、コーヒーを出すことが多いと思います。会社で出すコーヒーにはしっかりとしたマナーがあるというのを知っている人はどれくらいいるでしょうか?


 これまで何となくコーヒーを出していたという人に向けて、コーヒーを出す際のマナーを紹介していきたいと思います。

上座の人から先に出す

 まずコーヒーを出す順番は決まっており、座席の中で最も上座にあたる席の人から出すことになっています。お客様が打ち合わせに来た場合は、来客から出し、社内で会議の場合は、最も上役にあたる人から出していくようにしましょう。

持ち手が右にくるように


カップの持ち手の位置については、諸説あるのですが、コーヒーをブラックで飲む人がカップを持ってすぐそのまま飲めるように右側に来るようにするという考え方が主流のようです。

出典: コーヒーの出し方

 ブラックで飲む人が、すぐにコーヒーを飲めるようにコーヒーカップの持ち手は右側にくるようにして下さい。

できるだけ相手の正面に置く

 コーヒーは、なるべく正面に置くようにします。何となく置いてしまっていたという人は、きちんと正面から出すことを意識しましょう。また、打ち合わせの場合は、資料が置いてあるケースもあります。その場合は無理に正面に置こうとするのではなく、資料の右側に置くようにしましょう。また、置く際は「こちらでよろしいでしょうか?」という一言もつけてあげるとベストです。



 以上、会社でコーヒーを出す際のマナーに関して紹介してきました。意外と出来ていない人も多いと思いますので、最低限のマナーとして押さえておくようにしましょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する