1. 営業マンが実践すべきテレアポのトーク術

営業マンが実践すべきテレアポのトーク術


 テレアポという仕事は椅子に座ってお客さんに電話するものだ、と思っている方が多いのでは無いでしょうか。実際にテレアポを受ける側の企業で事務職をしていますと一日に何回もの営業の電話がかかってきます。本来の業務に支障をきたすという意見もよく耳にしますし、電話での営業は大半が無駄だと思っています。このような印象を知ってしまった新人のテレアポスタッフや新人の営業は、回数を重ねるうちにビクビクしながら受話器を握っているものです。

テレアポという仕事は難しいのか

 テレアポとは、電話で商談等のアポイントを取ることです。この仕事が難しいのかといいますと、コツを掴めばなんとかなるものです。しかし、知らない会社や人から突然営業の電話がかかると受けた相手は引いてしまいます。有名大手の場合はそこまで敬遠されませんが、電話を受けて喜ばれることは殆どありません。


 商品を販売するときは、まず商品についての内容を知っていただかなくてはいけません。テレアポはその事前段階の作業であり商品の内容に興味をもってもらうということです。テレアポでの印象で商品の受注率が大きく左右します。それくらい重要な仕事です。


 テレアポを成功させる方法 ・電話の回数を増やす、この方法を簡単にあげられますが、精神的にタフな人以外は生産的ではありません。回数より質を重視することを考えていきましょう。

会話の中での反論トークをある程度用意する

 アポイントの電話の最初はほぼ、断られると思って下さい。このような商品があるのですが、いかがでしょうか。という回答は「今は必要ない」など言われます。その時にどう返答するかが重要になります。「確かに必要ないですね」と返答することをおすすめします。ここで「いえ、絶対に必要です。」なんて言ってしまえばすぐで電話はきられるでしょう。ある程度、相手の立場になり話を合わせることが重要です。


相手が興味を持つような情報を伝える

 先ほどの会話のように、現在利用していないから当然必要ないわけです。ここで相手の環境を聞き出して、相手のメリットを十分に伝える作業が必要です。伝えたければ、まず聞くことが重要なのです。テレアポトークのテクニック

相手の言葉を復唱

 相手の言葉を復唱したあとに、「~ですよね」「~だと思います」を付け加える。 この方法で相手に「おやっ」と思わせることが出来ます。復唱されると理解してもらっていると感じてしまいます。ここで安心してもらい次の会話のつなぎになります。

時間の約束をする場合は、二者択一で

 せっかく内容に興味をもらって商談の日時を決める際、「いつにしましょうか?」などともたついてはいけません。◯◯日と△△日のどちらがよろしいですかと聞いて、〇〇日ならいいねと言われれば、午前と午後でしたらどちらがよろしいですかと聞くことです。心理的に、沢山の選択肢がある場合は決めることに面倒さを感じてしまうものです。選択肢を絞って目的を達成することが重要です。

話術を鍛える

 トークの技を磨くことが一番の近道です。仕事以外の生活でもテレアポでつちかったトーク術が役に立つことでしょう。聞き上手で伝え上手になり、なにより人にもてます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する