1. 【プレゼンのコツ】話し方は最低限これだけ押さえておく!

【プレゼンのコツ】話し方は最低限これだけ押さえておく!


 「どういう話し方をすれば聴いている人に伝わるのだろうか?」という思いをプレゼンを経験した人であれば一度は感じたことがあるのではないでしょうか。プレゼンの話し方を上達させる方法は様々あり、一体どこを意識すれば良いのか分からないという人は多いと思います。


 ここでは、プレゼンの話し方のコツとして押さえておくべきポイントを紹介していきます。

まずは一人の人を見て話す

 プレゼンで上手く話せないという人の多くは、自分の話している内容を一人でも多くの人に伝えるため、より多くの人の顔を見て話さなければという思いから、様々な方向に目を向けて話すことでしょう。


 しかし、多くの人の顔を見て話すという行為が変な緊張を生んでしまい思ったように話せなくなってしまのです。多くの人に目を向けようとせず、まずは一人の人に向かって話すようにしてみて下さい。そうすれば、余計な緊張をしなくなり、今までよりも上手く話せるようになるはずです。

声は大きく!

 プレゼンでは、とにかく声を大きくして話すようにしましょう。声が小さければ、聴いている人は「何言っているか分からない…」「自信ないのかな…」といったような感情を抱き始めてしまい、話を聞いてくれなくなってしまいます。


 話し方に自信はなくても声だけは大きくして話すようにしましょう。それだけでも聴いている人の発表者に対する印象は変わるはずです。

常に笑顔は忘れない

 話している最中は、常に笑顔で話すということを意識しておきましょう。つまらなそうな顔で話していると、聴いている側もつまらないと感じてしまいます。しかし、笑顔で楽しそうに話していれば、聴いている側も楽しいと感じるものです。誰にでも出来ることですので、上手く話せないという人は、ここだけでも意識してみて下さい。



 以上、プレゼンの話し方のコツを紹介してきました。いきなり、プレゼンが上手いと言われている人のマネをしても上手くはなりません。まずは、ここで紹介した基礎的な部分を意識することから始めてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する