1. 【相手との距離を縮める】営業マンが会話の導入として適した話題とは?

【相手との距離を縮める】営業マンが会話の導入として適した話題とは?


 アポを獲得し、いざお客様のもとを訪ね営業を始めようとしたところで何を話せば良いか分からず緊張してしまうという人は意外といるのではないでしょうか。ここでは、営業の導入として適した話題の幾つか紹介していこうと思います。

会社の雰囲気など身近な話題

 「今日は暑いですね」といった導入トークを選択してしまう人は多いと思います。決して悪いことではないのですが、天気などの話題はなかなか盛り上がらずに話が終わってしまうことでしょう。


 オフィスに到着するまでに気になったお店や建物、またオフィスの雰囲気などをトークの導入を持ってくると、比較的話も盛り上がりやすいため緊張せずに商談に入っていくことができるでしょう。

きどにたてかけし衣食住

 トークの導入に適した話題の見つけ方として有名なのが「きどにたてかけし衣食住」でしょう。これを押さえておくだけで、これまでとは違ったトークができるようになるのではないでしょうか。


き→季節     

ど→道楽     

に→ニュース     

た→旅     

て→テレビ     

か→家族・家庭     

け→健康     

し→仕事     

衣→衣服     

食→食べ物     

住→住居


 まずは、この「きどにたてかけし衣食住」を活用して話題を上手く作り出し、その中で相手との共通点を探し出していくことができれば、自ずと相手との信頼関係も出来上がってくることと思います。


 下記の記事には、別の話題の見つけ方が書かれているので参考にしてみて下さい。


 

 以上、商談の導入として適した話題を幾つか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。営業マンが契約をとるためには、相手との信頼関係を築いておくことが大切になります。こちらで紹介した話題を参考にして、商談に入る前に相手との距離を縮めてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する