1. 営業の新人にとって必要な知識とは?

営業の新人にとって必要な知識とは?


 営業の新人に必要な知識といえば、たくさんありますが、一番大切な事は商品知識です。どのような業界でもこれは共通していることです。会社にとっての目的はずばり売り上げを伸ばすことです。どんな業界でも利益なくしては存続しませんので、とにかく数字を出せるようにならなければなしませんが、そのために覚えることもたくさんあります。またビジネスマナーも必要になりますが挨拶の仕方、電話の仕方といったことであれば、社会人なら、必要最低限は身に付けているはずでしょう。しかし、会社の商品はほとんど理解していないはずです。

細かいテクニックではなく、商品知識を身につける

 商品内容かが分からなければ、売れと言われても売れないはずです。この商品のどんなところがいいのかということも満足に説明できない人が売れるはずもないのです。ですので、まず初めに力を入れて学ぶ知識は商品知識なのです。自社商品を勉強することはもちろんのことですが、営業には当然ライバルがいます。


 ですので、ライバル業者の商品も比較しながら自分なりに自社商品のいいところ、悪いところを整理させることから始めるのが一番の近道です。できる営業マンはライバル商品をよく研究しています。研究しているからこそ、自社商品にしかないメリットを説明し、相手を納得させつのです。ライバルのいいところ悪いところがわかれば、当然どこの説明を詳しくすればいいのかということも次第に分かってきます。

商品を自分自身で使ってみる

 しかし、本を読んでいるだけでは今一相手には伝わりにくいものです。パンフレットのいいところを説明してみせても説得力に欠けます。やはり自分自身で使ってみるのが一番理解しやすいはずです。自分で利用したものは自分の言葉でよ具体的に表現できます。そして実際に利用したことのある人の意見を聞いてみるのです。満足しているおりのか、どの点がいいのかということを聞いてみるということもとても大切です。自分自身利用してみて、ここが良かったと思っていても、他の人がそう主かどうかは別問題です。


 では「どうやって聞いてみるのか?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、契約行為が必要な商品なら、購入者の履歴もあるはずです。アフターフォローの一環でヒアリングをするという方法もあります。そうすればより商品に対するメリット、デメリットが明確になるはずです。


 その中から自社商品のいいとこと悪いところを整理していくのです。そして社内の同僚にも聞いてみることです。これだけ情報収集しておけば、きっと人前でも堂々を説明ができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する