1. 相手に不快な思いをさせない、会社での香水のマナー

相手に不快な思いをさせない、会社での香水のマナー


 会社は、企業が利益を上げるための場であり、お客様に最大限気分良くなって頂く場です。 会社での香水のマナーはいかがでしょうか?香水きつい人好きですか?どちらにせよ限度って有りますよね。お客様にそして同僚、先輩などにも気分良くなって頂くにはどうすればいいでしょうか?どういう香水の使い方すればいいでしょうか?そのポイントについてピックアップして見ました。せっかくお金かけて香水買って、いっぱいふって嫌われると嫌ですもんね。ぜひ参考にして下さい。

1. きつい香水を選ばないようにしましょう

 まず会社でつける香水はマナーとしてきつい香水を選ばない。これが大事と思います。あくまでも会社。遊びの場では有りません。ウルトラマリンは結構きつくて好きな人は好きですが量を少なくてかけるべきです。ウルトラマリンは元が結構きつい匂いなので香水をふりかける程度把握するべきです。ブルガリのプールオムなど結構会社関係では人気ですね。さわやかな匂いが会社での香水のマナーです。あくまでも仕事の場です。きつい匂いはご法度です。

2. ポイントを絞って香水をかけるようにしましょう


 耳元やネクタイの裏、脇、手首など作業するときにさりげなく匂うというのがベストなのです。このポイントは比較的匂いが相手に届きやすい場所です。全身に浴びるような香水は逆に嫌みになり、鼻にきます。マナーとしては失格です。たまにフワッと匂うこれがベストで自然な香水の使い方です。洗い立ての洗濯物のようにさりげなく優しく匂うように重要なポイントだけつけるべきです。お客様も全身に香水ふりまくっている店員なんか嫌ですもんね。程度が大事です。

3. 元の匂いを最大限無臭にする

 会社での香水のマナーとしてさりげなくがポイントですがさりげなくそして本来の香水の匂いを引き立たせる為に元の体の匂いをなくすべきです。なくすのは不可能にしても極力なくす努力をするのです。お風呂にきちんとはいる。からだ全身を隅々しっかり洗う。洗濯物は当然こまめにする。部屋の匂いを良くする、無臭にする、部屋の換気を良くする、車の匂いを良くする、車の換気を良くするなどですかね。そしてサウナなどはいり、汗の出るところの汚れをしっかり汗をかいてだす。そして老廃物を出した体を作っておく。


 そうすると自然と無臭になります。飲みものもお茶やお水で不純物ない分飲む方が自然と体の匂いを押さえられます。ここまでしておくと香水も少なくていいですし、香水の本来の匂いを際立たせます。 以上が会社での香水のマナーを行うためのノウハウです。さりげなく匂うポイントです。昔、人はお風呂に入ってないので匂いをごまかす為に香水やお香使ったといわれます。でも現代では香水だけでカバーすると絶対匂いきつくなります。そうならない為に日頃の生活習慣改めましょうね。


 以上会社における香水のマナーでした。いかがだったでしょうか?今後のご参考に成れば非常に幸いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する