1. 接待シーンで役立つ!自分がお酒を飲めない時と、相手がお酒を飲めない時の対処法

接待シーンで役立つ!自分がお酒を飲めない時と、相手がお酒を飲めない時の対処法

  • 8318views
  • 0fav


 仕事終わりにはキンキンに冷えたビールで乾杯。1日の終わりにふさわしい締め方ですよね。しかし、お酒が飲めない人もたくさんいます。


 普段から飲まなければいいわけなのですが、そうもいかないのがビジネス上の付き合いの時です。今回はビジネスでは欠かせない接待の時に自分がお酒を飲めない時と、接待の相手がお酒を飲めない人だった時の対処法をご紹介します。

接待先の相手がお酒が飲めない

 接待当日にお酒が美味しいい店に連れて行き、その場ではじめて相手が飲めない人だとわかった時は困りますよね。相手にとっても失礼ですし、自分としても責任を感じてしまいます。

 そうならないためにも、事前にお酒を飲めるかどうかを言うことをヒアリングしておくようにしておきましょう。みんながみんな飲めるわけではありませんので、事前にしっかりを準備をした上で、失敗しないお店選びをすることが接待をする際には大切です。 

接待なのにお酒が飲めない!

 相手が飲めない人の場合は事前に対処ができるのでいいのですが、自分がお酒が飲めない場合はどうしたらいいのでしょう。


 取引先との関係上、どうしても飲まなければいけない場合も多々あると思いますが、無理に付き合う必要はありません。はじめの1杯だけお酒を注文し、それに口をつける程度にちょびちょび飲んでいればそれで大丈夫です。


 アルコールに弱いのに無理をして飲むということは、自分の体を酷使しているということなので無謀行為と言えます。飲んで雰囲気を壊すくらいなら、飲まずに壊さないほうが良いので、無理をしない程度にして下さい。

それでもすすめられたら...

 女性の場合はそれで大丈夫な場合も多いと思いますが、男性の場合は無理矢理にすすめられることは多いと思います。

 上記の通り、飲めないのに無理に飲むことは命にも関わることなので、そんなことろで頑張ってはいけません。嘘も方便。「実はアルコールアレルギーなんです」や「肝臓が悪くて..」のように嘘でも本当でも理由を付けて回避するようにしましょう。


 ビジネス上で関係を築く際にはお酒は有効なツールになりえますが、どうしても必要な物というわけではありません。無理のないように、付き合っていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する