1. 与える印象を操作できる?女性営業ならではのスーツ着こなし術

与える印象を操作できる?女性営業ならではのスーツ着こなし術


 女性の社会進出がめざましい昨今、営業としてスーツをカッコよく着こなし颯爽と歩いている姿の女性は少なくありません。男性には持ち合わせていない、女性ならではの気遣いや視野の観点から営業成果を挙げている女性たち。そんな女性たちにとって、スーツの着こなし術は大切なポイントとなっています。第一印象を左右する女性営業のスーツ、その着こなし術とはいったいどのようなものでしょうか。

スーツの基本は清潔感とサイズが決め手

 営業にとってスーツの基本は言うまでもなくデザインセンスよりもサイズ、そして清潔感です。特に女性の場合、スーツのサイズが合っていないとだらしなく見えたり、頼りなさそうな印象を与えてしまいます。またキツすぎる場合も見苦しく見えてしまいます。 


 試着の際は必ずインナーにシャツやブラウスを着た状態でジャケットを合わせてみることがポイントです。営業は男性でも女性でも第一印象が大事、市販のものは価格が安く手軽に購入できますが、自分に適したサイズで作るならオーダーメイドがおススメです。高価な買い物になっても、質の良いものを着こなしているだけでクライアントに与える印象は大きく変わることもあります。

着こなしは女性ならではのセンスを活かして

 女性はスーツのインナーを変えるだけでガラッと着こなしを変化させることができます。ストライプのシャツなら爽やかさを、ブラウスなら女性らしさを、カットソーやニットなら親しみやすさや機敏さをといった具合に与える印象を使い分ける事もできます。これを営業で訪問する場所や、クライアントに応じて使いこなすようにすればいいのです。


 例えば、役所や金融関係などのお堅い企業へ訪問する場合は、黒のスカートスーツと白のブラウスで信頼感+女性らしさの親しみやすさを出す事ができます。あえてパンツスーツを選ばないことで、堅い雰囲気に少しだけ女性の温かみを印象づけるわけです。逆に販売業や流通業などの企業ならば、パンツスーツを着こなして機敏に動ける、仕事が速いというイメージを与えることもできます。


 セミナーや展示会を訪問する場合では、淡い色のワンピースに黒のスーツジャケットで、華やかさを演出することもできます。スーツのお手本であるリクルートスーツを着て営業に回るの、もちろん間違ってはいませんが、これではクライアントの印象には残りません。男性営業は上下同色のスーツにネクタイと固定した印象ですが、女性営業はスーツの着こなし一つでクライアントに覚えてもらえるチャンスが広がるのです。

見えない部分だからこそ注意を

 見えない部分だからこそ注意を 女性はスカートスーツにしても、パンツスーツにしても、下着やストッキングなど隠れている部分にも注意が必要です。 クライアントに不快な思いをさせないように、インナーから透けてしまうような下着ではないか、ストッキングが伝線していないかなどの身だしなみは十分に確認するようにしましょう。


 女性の営業は男性よりも気が付く部分が細やかだったり、温かみのある物言いだったりするので、クライアントによっては仕事がよりスムーズに進められるという好印象を抱いている場合も多くあります。そんなクライアントを多く獲得するためにも、スーツの着こなし一つで与える女性の印象は非常に重要になってくるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する