1. 仕事でお客様をエレベーターまで見送りする際のマナー

仕事でお客様をエレベーターまで見送りする際のマナー


 お客様が会社へ訪問した際、目的を果たしたお客様が帰られる時の見送りこそ、会社からの「おもてなし」が最後にアピールできる場面でもあります。せっかく気分良い雰囲気も、エレベーターまでの見送りで気持ちを下げてしまう事もあれば、会社としての人間性やマナーの良さを、感じ取ってもらえる絶好のタイミングにもなるのです。


 そんな、仕事でお客様をエレベーターまで見送りする際のマナーを今回はご紹介します。より重要なお客様に対しての対応や、共通するキーポイントなどもあわせてご覧ください。

エレベーターまでは率先した行動がマナー

 応接室や打ち合わせの会議室から出る時、当然ながらドアを開けるのは、こちらが行うのがマナーです。案内係などが別にいない場合は、率先して自らがドアをあけてエレベーターまで誘導するのが良いでしょう。その時には、二、三歩先に進んで誘導してあげるのがスマートです。


  更にエレベーター乗り場まに到着した時に、エレベーターがまだ到着していないようなら、今日の訪問のお礼や雑談などお客様が時間を持て余してしまうことのないような話題を提供するのもポイントです。 その会話内容もさることながら、こちらの気遣いから見える人間性を お客様も感じ取ることができます。そして、エレベーターが到着して手で誘導するならば、手の平を上にして「お待たせいたしました。どうぞ」の一言を添えるのがマナーです。

エレベーターから分かれる対応

 案内係がいる場合は、エレベーターが最後の見送りの場所となります。お客様が乗り込んだら、再度お礼を伝えてから深く頭を下げてお辞儀をしましょう。正しい作法としては「ながら作業」は厳禁。言葉を伝えながらお辞儀をする事のないよう、1つ1つの動作を分けて行いましょう。


 また、案内係がいない場合の時は、お客様が乗り込んだのを見届けてから、最後に自分が乗り込みます。立つ位置は、案内係に徹するため操作盤の正面。 スムーズにロビーのボタンを押しましょう。到着後は、途中でドアが閉まることのないように最後まで「開く」ボタンを押してあげて、お客様が安全に降りたのを見届けてから、最後に自分がエレベーターから降りるのがマナーです。


 エレベーターから降りたらロビーで見送りますが、とても大切なお客様の場合は、会社を出て、車の場所まで見送る事もあります。取引内容や深い関係など、事前に上司から話を聞いて適切な対応をとるのも大切です。

共通する見送りの大切さ

 エレベーターでの見送りですが場合によっては、最後の見送りの場所が変わる事もあります。 その中で共通するのは「相手に決して背中を見せない」という事です。感謝の言葉を添えて頭を下げてのお辞儀。その頭を上げるタイミングは、お客様の姿が見えなくなってからです。


 そのため、エレベーターならドアが閉まるまでです。ロビーなら車が発進するまで、外からの見送りなら車の姿が見えなくなるまでお辞儀をするのがマナーとなります。



 最大限の「おもてなし」をアピールすることができる、エレベーターでの見送り。マナーを活かした行動で、お客様の気分を高めるのに役立てていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する