1. 部下育成に悩んでいる上司へ!良いマネージャーが共通して行っているたった2つの方法

部下育成に悩んでいる上司へ!良いマネージャーが共通して行っているたった2つの方法


 部下を育成する上で叱ったり、褒めたりなどという風にアメとムチを使い分ける方がいると思います。それで部下が変わってくれれば良いですが、𠮟るとやる気を無くしたり、褒めると調子に乗って仕事をしなくなったりと悪い方向ばかりに進んでしまう部下がいます。そこで良いマネージャーたちが共通して行っている方法を紹介します。



1. 受け入れる

 最も大事なことは、部下のどんな意見でもまず受け入れるということです。自分の考えと違っていてもまずは受け入れることがとても大切です。上司がなぜ褒めたり叱ったりするかというと、上司は自分の意見や考えを持っているのでそれをどうしても先に伝えてしまいがちです。ですが、部下にももちろん考えはあるので、一旦部下の意見や考えを受け入れるという姿勢が部下を育成する上で不可欠なものなのです。


2. 認める

 部下を育成するということは、部下に変化をもたらさなければなりません。ということは、部下の変化に敏感にならなければなりません。つまり部下の現状を認め、変化を認めその原因を認めるという行為が部下を育成する上でとても大事になってきます。

例えば部下の実力が30点だったとしたら、その30点認めるということ。そして次の日31点になっていればその成長した1点をしっかり認めてあげる。逆に29点と下がってしまったら、原因を突き詰めて認めてあげるという行為が大事です。



 褒めたり、叱ったりするのではなく、部下に対して敏感になってあげることが大事です。そして自分の考えだけを言うのではなく、受け入れしっかり認めてあげることが部下の育成に繋がるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する