1. 居酒屋で楽しく目上の人と一緒に飲む時のマナー

居酒屋で楽しく目上の人と一緒に飲む時のマナー


 社会に出ると忘年会や新年会、歓迎会や送別会など、何かと居酒屋で飲み会が増えることでしょう。仲間内で飲む飲み会だと気兼ねなく飲めますが、上司や接待など目上の人と一緒に飲む事も多いと思います。


 そこで覚えておいて欲しいマナーとして、座る席順があり、適当に座ればいいというわけでなく、ちゃんと席順は決まっています。 社会人として知っておくというより、大人のマナーとして知っておいた方が良いでしょう。

まず知ってほしい席順のマナー

 居酒屋に着いて席を決める時にまず意識するのが上座と下座でしょう。「じょうざ」又は「げざ」とも言われますが、一般的に知られている方が「カミザ」と「シモザ」です。 


 上座とは基本的に入口から遠い席の事をいい、和室だと襖を開けて一番奥の席が上座になります。また洋室も和室と同様に扉から一番奥の席が上座になります。上座は、席の中で最も良い席でそこには目上の人を座らせるようにしましょう。ここでの目上の人とは年齢が年上の人、お客様、役職が上の方の事をいいます。


 もし入口から近い下座に目上の人が座ると、出入りが激しく落ち着かない場所なのでそこに座らせるのはとても失礼です。また料理が届いたり、注文したりするのを目上の人にさせてはいけません。空調機が直接当たらない位置や景色や全員の顔がよく見える席など一番良い席がどこか判断がとても難しいですが、下座に座るのは後輩にあたる人や入社して間もない若い人が座り目上の人に思いやりを持っておもてなしをする事がマナーです。


 その為にはまず目上の人より先に歩いてはいけません。居酒屋に着いたら必ず目上の人の後ろをついて行き、奥から順番に部屋へ入られるようにしてください。これであまり目上の人が動かないで済むようになります。

上座の歴史

 上座とは本来床の間や床脇棚に最も近い場所の席で、室町時代に寝殿造りから床の間がある書院造りに変わっていきました。最初は僧侶が経典を勉強する為の部屋でしたが、それが武士にも普及していったのです。床の間には三具足(みつぐそく)といった仏壇に供える香炉や花瓶と燭台を置いて、仏画を飾るという神聖な場所で、その神聖な場所に一番近い上座に身分の高い人が座っていたのです。今では床の間のない和室もありますが、床の間が無くなっても上座と下座の風習は変わりません。 

もし目上の人から上座を進められた場合は

 ここまで話を聞くとこんな私が上座に座っていけないと思われますが、もし目上の人に勧められた場合は上座に座っても特に問題はありません。勧められてすんなり座るよりも「私はこちら(下座)へ座ります」という一言があってもいいでしょう。それでも勧められた場合は上座に座ってください。


 目上の人も人それぞれで入口に近い方が好きな人もいますし、上座や下座といった堅苦しい飲み会が嫌いな人もいます。そこは飲み会の雰囲気をよく見て判断をしてください。座る席順のマナーを知って、居酒屋で楽しく目上の人と一緒に飲めたら良いと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する