1. 会社に郵便物を送付する際の宛名マナーはここに注意!

会社に郵便物を送付する際の宛名マナーはここに注意!

 他の会社に郵便物を送付する際に大切なのが、 その中身だけでなく封筒に書かれる宛名です。初めて相手側が手にした時に飛び込んでくる宛名の表書きと万が一の不備で返却される時に必要な宛て名の裏書き。


 いずれにしても、しっかりとした知識を踏まえることが大切になってくるでしょう。ここでは、そんな会社に郵便物を送付する際の宛名マナーをご紹介していきます。再確認の中にも、新しい発見がある事もあると思うので、どうぞご確認ください。

宛名のマナーで見られる会社のイメージ

 郵便物の宛名マナーで、相手先が感じるのは会社のイメージです。最近ではパソコン印刷での文字も多いですが、手書きの場合は上手、下手に拘らず丁寧な文字を書くことが大切です。会社に対して信頼感や、仕事への丁寧な取り組みを感じとってくれるでしょう。


 更に、役職や敬称などの間違った使い方をしてしまっていたら。受け取った相手は、会社や担当者に対して不快感を示す場合もあります。最低限、宛名で嫌な思いをさせたり、こちらのイメージダウンに繋げてしまわないよう、しっかりと作成していくことが重要です。

会社の郵便物に対する宛名のマナー~表書き~

 まず、相手先の宛名を記入する表書きの部分。 郵便番号や住所に加えて、


・企業名→部または課署名→御中 

・企業名→部または課署名→役職や肩書き→個人名→様


 この順番の書き方が宛名のマナーです。


 ポイントは、部や課署名ならば最後は「御中」個人名なら「様」という点。 個人名に対しても「御中」と書き込むのは間違いです。更には「個人名 御中 様」など重ねるのは、マナー違反なので気をつけましょう。


 また「役職名」の位置も注目。「山田一夫 部長 様」といったように「個人名 役職 様」と続ける人もいますが、最も正しい書き方は「役職 個人名 様」となるので、この書き方を徹底しておきましょう。


 続いて、外脇付けと呼ばれる項目。「ご本人が自ら開封してください」という意味の「親展」や「至急」「重要」または「資料在中」など、簡単な中身の内容を伝える項目となっています。

会社の郵便物に対する宛名のマナー~裏書き~

 そして、こちら側の宛名を記入する裏書の部分。郵便番号や住所に加えて、


・企業名→部または課署名→氏名


 この書き方が、一般的なマナーになっています。


 特に差出人の部分は、印刷で住所や会社名が記載されている場合が多いでしょう。とはいえ、受け取る相手側からの問い合わせや、万が一の郵便返送などで 手間取らないよう、担当者の部署や氏名は書き忘れることのないよう注意しましょう。


 また、のり付けをした封の部分には「締めました」という意味をあらわす 「〆」「締め」という言葉を付けておくと、より良いマナーを印象付けます。もちろん封の部分は、しっかりとのりづけがベター。ビジネスで使う封書ならばセロハンテープなどで上から張り付けるのは、マナー違反ではありませんが、美しくはありません。 


 とは言え、ホッチキスなどの不安定な止め方はマナー違反になるだけでなく、取り扱いに対する誠実さが欠けるイメージを与えてしまうため、言語道断です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する