1. 初対面の営業の会話で失敗しないための3つの話題

初対面の営業の会話で失敗しないための3つの話題


1. 天気

 「今日は天気が良いですね。」だけではなく、「○○の地域では、雪が降り始めたみたいですね。」という風に場所を特定して話題を振ってあげましょう。そこから○○の地域に関連することや雪に関する自分の経験談などに繋げると話し上手だと思われます。

2. 今、世間で話題になっていること


 例えば消費税が増税される話題、オリンピックの話題など、どのテレビ番組を見ても取り上げられているニュースを話題にすると相手も知っているのでお互い話しやすいと感じます。ただ大事なことは、消費税が増税されるなど事実だけを話すのではなく「増税される前に国内旅行にでも行こうかと考えてます。」という風に自分の予定も加えれば、「○○さんは、何かご予定はありますか?」など別の話題に転換することも出来ます。

3. 会社に来るまでに感じた街の雰囲気

 営業訪問の会社に着くまでの間、会社周辺の街並を見る事になると思います。タクシーに乗っていたとしても外の景色は見る事が出来ます。その際に自分が素直に感じた街の雰囲気を言葉にすると会話が続くだけでなく、「視野が広い方だな。」と受け取ってもらえます。面白い名前のお店や特徴的な建物などを話題にすると良いでしょう。





 話題を具体的にするとより会話が続くようになり、話し上手だと見受けられます。話すことが苦手な方はこの3つの話題を振り、会話に慣れることからはじめましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する