1. プレゼンをする際に覚えておくべき、アニメーションの活用法

プレゼンをする際に覚えておくべき、アニメーションの活用法

  • 1862views
  • 0fav

 効果的なプレゼンテーションとは、どんなプレゼンでしょうか。話すことが上手い、綺麗なスライドである、効果的な流れで進んでいるなど、要素としては色々あると思います。


 プレゼンとは一般的に視覚と聴覚で感じて評価するものですが、ここでは視覚に焦点を当て、どのようなプレゼンのスライドが効果的なのかということをご紹介します。

アニメーションの効果

 プレゼンにおいて必要なのはスライドのクオリティです。そして、そのクオリティを担保する要素の1つに、アニメーションがあります。


 色々な動きがあり、つい試したくなりますよね。ただスライドが切り替わるだけのプレゼンは緩急がなく、見ていてつまらないものになりがちです。アニメーションには相手の目を引きつける効果もあるため、活用することにより観衆の目を引くスライドをつくる事ができます。

使いすぎは逆効果


 活用したほうがいいとはいえ、多用しすぎは逆効果です。相手の目を引くどころか相手を疲れさせてしまうことにつながり、プレゼンに集中してもらえなくなる恐れがあります。


 何事もやり過ぎは良くないということで、アニメーションの種類も1つのプレゼンに2種類の使用がいいところでしょう。しかも、効果的に使うためには異なるアニメーションを交互に使うのではなく、1つのアニメーションを基本とし強弱をつけるためにもう1つのアニメーションを活用する、といった具合に使うことが大切です。

アニメーションに頼りすぎてはダメ

 アニメーションの効果とは、あくまでも視覚的にスライドのクオリティをあげるということに過ぎません。それ自体が効果的に使えたからといってプレゼンが良くなるといえるのかといえば、プレゼンの本質はスライドではないため答えはNOでしょう。


 あくまでも+αの効果としてなので、プレゼン資料の作成時にはアニメーションの設定にはあまり時間をかけ過ぎないよう心がけて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する