1. インターホン越しのトークで飛び込み営業を成功させる方法

インターホン越しのトークで飛び込み営業を成功させる方法



 営業の中でも成功率が低いと言われているのが、インターホンでのセールストークによる飛び込み営業です。あまりの成功率の低さで、インターホンを押すのが怖くなってしまう営業マンもいるそうですが、様々な工夫をすることで少しは成功率を上げることが出来るのではないでしょうか。ここではインターホンでの飛び込み営業を成功させる方法を紹介していきます。

話し方を変え、身だしなみを清潔にする

 インターホンは音質が悪いため、受け答えしている方は話が聞き取りづらく、聞いてみようという気がそびれてしまうことがあります。ゆっくりと聞き取りやすい音量で話すことが飛び込み営業を成功させる上では必要になるでしょう。また、笑顔で話かけると、声のトーンが変わり、相手にも明るい表情が伝わるそうです。インターホン越しでも笑顔で話すようにすると良いでしょう。

また、最近ではインターホンにカメラの機能が付いている家も多いため、そのような家はインターホンを押す前に身だしなみが清潔に保たれているかチェックしましょう。

用件は事前にまとめておき手短に済ます

 インターホンでの飛び込み営業で忘れてはいけないのが、聞いてくれている相手の方は、時間を割いてセールストークを聞いているということです。ですから、長い時間話すセールストークは相手の方にとって時間を大きく取られることになり、心証が非常に悪くなってしまいます。インターホンで話すことは手短で要点をまとめたものにすることが必要になるのではないでしょうか。

一度だけではなく何度も訪れて成功に持ち込む

 飛び込み営業の成功率が低いのは、一度訪問して断られた営業先に出向かないというのも原因の1つではないでしょうか。何度も訪れると、相手も段々と話を聞いてみようという気持ちになることが期待できます。複数回同じ営業先に飛び込み営業をするということは、ある程度セールストークや話の内容のバリエーションを持って、発展するような営業の展開を行うことが重要になってくるでしょう。




 ここでは、飛び込み営業の最初の関門である、インターホン越しのトークを成功させる方法について紹介しました。インターホン越しのトークに自信が無いと言う方は、ここで紹介した方法を実践して、飛び込み営業の成功率を高めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する