1. 営業の仕事で感じることが出来る4つのやりがい

営業の仕事で感じることが出来る4つのやりがい


 営業の仕事には営業ならではのやりがいがあります。会社ですので、当然営利を求めなければなりません。その第一線で働いているのが営業で働く人達です。働くといっても頑張っていればいいというものでもありません。やはり仕事として成果は求められます。その成果を出せない人が苦しみ辞めていくのです。成果を出すことだけに重点を置いていると、営業の仕事は長続きしません。では、どのようなことにやりがいを見出すのか考えていきましょう。

1.成約が決まった時の達成感

 まずは成約したときの達成感です。これは営業の代表的なやりがいです。しかしそれだけでは長続きはしないかもしれません。誰しもスランプもあります。しかし、営業には当然お客様がいるわけで、自分の提案した内容が受け入れられて時 などは何とも言えないやりがいを感じるはずです。 スランプでもそのやりがいを忘れなければ頑張れるはずです。

2.収入が自分の業績とリンクするところ

 そして、頑張れば頑張るだけ自分の収入に繫がることもやりがいの一つです。 人によっては、基本給より手当てが多い人がたくさんいます。やればやるだけ裕福になれるのです。 やらなければ当然収入は下がりますので、皆必死なのです。

3.多くの人と出会えること


 そして多くの人間に出会えるということもやりがいの一つです。 これはとても大切なことです。いろいろな人に出会えること、これを楽しめなければ 営業の仕事は厳しいものになります。営業の相手は人です。人と接することに喜びを 見出して下さい。好きな人、嫌いな人もたくさんいるでしょうが、話をしていうちに 嫌いな人にもいいところはきっとあります。そこを見つけるのです。そうすればより 大きな仕事もできるようになるはずです。

4.顧客から必要とされる人物になれること

 そしてもうひとつ。顧客から必要とされることがあります。これは営業にとって大切なことであり、 営業のやりがいの一つです。自分を信頼してくれるお客さまがいるのです。少し成績が伸び悩んでいるぐらいで悩んでいる暇はないのです。そう思える顧客が一人でも多く作ることが営業の楽しいとことでもあります。 簡単に言ってくれるという人もいるでしょう。数字が出ない出せない時ほど悔しいものはないはずです。 しかし、それで落ち込んでいては営業は失格です。営業をする上で大切なことは常にモチベーションを 上げることです。その支えになるのがお客さまなのです。 そして、お客様に信頼される営業マンになるためにも、自分自身のスキル、見聞を広める必要があるのです。 そのためにも、多くの人間と接することが必要なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する