1. 営業マンが英語で会話するための学習方法

営業マンが英語で会話するための学習方法



英語で会話するためには英語を覚えることから

 営業マンが英語で会話をするには、英語を覚えるしかありません。少しずつでもよいから、英語の勉強を続けることが大切です。営業で使う英語は、英語の中でもビジネス英語と言われています。頻出するビジネス英語を覚えていくだけでも、スキルアップが望めるはずです。自社の商品に関する英語を覚えて、ビジネス英語と組み合わせて話せるようにする必要があります。

英語の習得には長時間勉強することが必須

 英語の表現はたくさんあって、一夜漬けで覚えられるものではありません。長い間、ずっと勉強を続ける必要があるし、長期休暇がとれれば英語圏へ留学することも一つの方法です。しかし社会人になったらなかなか時間が取れなくなるから、学習環境を整えて英語に触れる機会を増やすことで慣れていくほかないでしょう。

 学習の順序には個人差があって、自分の現在の英語力がどのぐらいのものなのかによります。日常会話ぐらいはできるけれど、というときには、ほとんどわからない人に比べて、ビジネス英語を使うまでにはそう時間はかかりません。それでも、1日、2日ではなくて、長期的に1年、2年というスパンでじわりと英語の会話を身につけていくのが一般的な方法です。

通勤時間を「英語漬け」にする

 通勤の合間に英語の学習をする方法があります。会社に着くまでの間、ただ電車に揺られているだけではなく、英会話の聞き流しで耳を慣らすということができます。英会話を聞き流すことで、自然と英語が聞こえてくるようになります。昨今の英会話教材は、みなこのように聞き流しに着目して作られていて、教材によっては高価なものもありますが一つ何か購入をするのがおすすめです。これで自宅から会社まで、会社から自宅までの通勤ルートは、ずっと英語漬けでやっていくのが効果的です。ずっとやることなしには、英語で会話をするということにはやや難しくなります。日本人が日本語をずっと使っているように、英語で会話をするには、英語をずっと使っていくほかないのです。

メモをとり、トータル的な学習をする

 聞き流して、わからないところがあったらメモをしておくのもよいでしょう。こういうふうに聞こえた単語があるけれど、どんな意味があるのかを調べます。そうすることで、単語力も身についてきます。そのほか、自ら単語帳を使って、一つずつ英単語を覚えていくことがスキルアップにつながります。英熟語や英文法の本も併せて読むようにします。トータルで理解した結果として、英会話ができるようになるのであるから、トータルで学習していきます。

通訳よりも自分の英語で営業を行ったほうが有利


 実際の営業マンの中には、英語を使えないけれども、1人通訳をつけて海外の企業との取引を行っている人がいます。企業から通訳をつけてもらえるようであれば、自分に英語力がなくても通訳を通じて英語で会話をすることができます。一夜にして身に付くことではないから、英語と日本語の通訳の専門家に任せるのも結構です。そうすれば営業マンは自社商品の説明や取引の流れに集中することができて業務がスムーズになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する