1. 上司が転勤することになったときのメッセージの伝え方

上司が転勤することになったときのメッセージの伝え方


 会社には移動や転勤がつきものですが、お世話になった上司への挨拶やメッセージをどのように伝えればよいのか悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。上司が転勤することになったときは様々な形で感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。ここでは、転勤することになった上司へのメッセージの伝え方について紹介していきたいと思います。

まずは感謝の言葉を伝えることが大切

 寄せ書きやメールなどでメッセージを伝える場合は、まず感謝の言葉を入れることは忘れてはいけません。今までお世話になったということを上司に伝え、上司に対して敬意を払う必要があります。

エピソードなどを入れると良い

 上司が転勤する場合の定型文というのが存在しますが、このような言葉だけですと、他人行儀で、業務的なメッセージと受け取られてしまいます。上司とのコミュニケーションや業務中にあったエピソードなどを盛り込むと良いでしょう。

言葉だけではないメッセージの伝え方

 言葉だけではなく、感謝の気持ちをプレゼントで伝えるのも良いでしょう。プレゼントとしては、ボールペンや名刺入れなどの業務で使えるものであると、日常的に利用できるのでいいのではないでしょうか。スリッパなどの足に身につけるものやマットなどの下に敷いて利用するものは縁起が悪いためタブーとされているので気をつけましょう。




 ここでは、上司が転勤した際のメッセージの伝え方について説明していきました。仕事での指示やミスのカバーなどをしてくれた上司の方に対しては敬意と感謝の気持ちを持って送り出すようにしましょう。上司が転勤すると決まり、メッセージの伝え方に悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する