1. 伝わりやすいプレゼンのスライドの作り方3ステップ

伝わりやすいプレゼンのスライドの作り方3ステップ


 プレゼンのスライドの作成でどのような作り方をすればいいのかわからないと悩む方も多いのではないでしょうか。伝わりやすいプレゼンのスライドを作るためには段階を踏んで準備を進めることが重要になるでしょう。ここでは伝わりやすいプレゼンのスライドの作り方を3ステップに分けて紹介します。

1.スライドを作る前に原稿を作る


 プレゼンをすることが決まった場合、スライドから作りがちですが、スライドから作ってしまうと発表したいことがどういうものだったのかわからなくなり、軸のないプレゼンになりがちです。スライドを作る前に、発表原稿を作成し、どのような事を自分がプレゼンで言いたいのかをはっきりさせるといいのではないでしょうか。

2.スライドに文字や図を挿入する


 原稿で言いたいことがまとまったら、スライドの作成に入ります。まず、自分の言いたいことを簡潔にまとめ、それをスライドに入れるようにしましょう。文字があまり多いスライドでは、観客が見づらくなりますし、ただの発表原稿の写しになってしまいます。しっかりと文章をまとめ簡潔な文をスライドに載せるようにしましょう。またその補助として図を使うと視覚に訴えるのでわかりやすくなるでしょう。

3.文字の色やサイズなどを微調整する

 最後に行いたいのが文字の色やサイズなど、スライドの細かな部分を修正し微調整することです。文字の色やサイズ、フォントによって観客が受ける印象というのも大きく変わります。観客にどのような事を伝えたいのかを考え、自分の言いたいことに沿ったかたちに調整するようにしましょう。




 ここでは、プレゼンのスライドの作り方の流れを大まかに紹介しました。流れを押さえて作成すると、プレゼンで観客に意思が伝わりやすくなり、納得してもらえうようなスライドになるのではないでしょうか。ここで紹介した作り方を利用して、良いプレゼンのスライドを作成してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する