1. 取引先のアポの「すっぽかし」はこう対処する - 営業マンのための4つの対処方法

取引先のアポの「すっぽかし」はこう対処する - 営業マンのための4つの対処方法



 営業のアポで最もショックなのが、キャンセルでないすっぽかし。なんとかアポにこぎつけ、事前の準備をしっかりしてきたからこそ、落ち込み具合も大きくなってしまいます。今回は、アポをすっぽかされた時に営業マンが取る4つの行動をピックアップ。思い込みからトラブルを招くことのないよう、気をつけた行動が求められます。

1.再度スケジュールをチェックする


 資料などの準備に、遅刻をしないよう余裕を持った到着時間。事前の準備をしっかりしたからこそ、クライアントが約束の時間に来ない…となると冷静さも失われがち。怒りや落ち込みなど、様々な心の葛藤が生まれることでしょう。まずは相手への連絡の前に確認したいのは、最後のスケジュールチェック。日にちに曜日、時間や場所など本当に間違っていないか再度確認しましょう。延期やキャンセルの連絡もない「すっぽかし」ですと不誠実な印象を受けますが、例えば「日にちと曜日が一致していない」「待ち合わせ場所の名称が他にも当てはまる」など勘違いによる可能性も考えられます。連絡の前に最低限、こちらの間違いや思い込みは無いか確認するのが大切です。

2.クライアントに電話で確認を


 そして、間違いがないとわかり、なお時間をすぎても連絡が来ない時。クライアントへこちらから連絡を入れてみましょう。本人が不在の場合。「すっかり忘れている」というのと「今向かっている最中」または、「思わぬトラブルで連絡すらできない状況」という理由が考えられます。当然ながら、どんな場合でも失礼のないよう電話担当者に事情を説明するのが大切です。「約束していたんですけど?」と皮肉や嫌味に聞こえるような発言はタブーです。

3.希望があればその場で次のアポを

 また、本人や電話担当者がこちらからの連絡で正式にキャンセルを申し出た場合。理由はなんであれ、相手から延期や次のアポを希望する言葉が出たら、その場で日にちを決めるのが効果的です。こちらからの連絡により伝えるキャンセルは、相手側も落ち度を感じています。より確実で有利な立場となったこのタイミングで、次のアポを決めるのがオススメです。

4.理由を疑わない心遣い

 更に気をつけたいのが、理由について深く追求しない事です。相手側もすっぽかしは、当然スマートな行動でないとは理解しているもの。手を貸してほしいと訴えている場合以外は、どんな理由であれ受け入れるのが営業マンの心遣いと言えます。場合によっては、自分や会社または商品に不満があってアポを無視したなど、クライアントの本音は時として、こちら側の原因も考えられます。作った時間に事前の準備など、苦労が水の泡となり少々興奮状態に陥ってしまうこともありますが、グッとこらえて、営業マンの嗜み相手への心遣いを忘れないようにしましょう。




 自分が真面目に営業の仕事をしているからこそ堪える「アポのすっぽかし」。とは言え、状況次第では次のアポが有利に運べたり、営業マンとして見直す機会を与えてくれる場合も。思わぬトラブル「すっぽかし」から得られるものは、営業スキルに役立つものと言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する