1. 上司への送別メッセージを作る方法 -「上司から教わったことを伝える」

上司への送別メッセージを作る方法 -「上司から教わったことを伝える」


 上司の異動や退職の時には贈り物と一緒にスピーチをするのが普通です。しかし、意外とこれが思いつかない人もいるかもしれません。誰に聞かせても恥ずかしく思われず、上司の送別を飾るのにふさわしいメッセージとはどのようなものでしょうか。

別れを悲しむのでなく、新たな門出を祝う

 ついつい多用しがちですが、あまり上司がいなくなることに対する悲しみばかりを話すのは良くないでしょう。「職場が寂しくなって……」などの言葉はほどほどにしておきましょう。上司が新たなスタートを気持ちよく迎えることができなくなってしまいます。


 それよりは上司のこれからに目を向けてあげましょう。益々のご活躍を期待しています」や「良い報告を楽しみにしています」など、未来に目を向けたメッセージを送ると聞こえが良くなります。

上司から教わったことを伝える

 部下であるあなたが上司にメッセージを送るのですから、やはり上司から教わったことを話すとよいでしょう。あなたが苦労していたことや、それが上司のどのような手助けで克服されたか、具体的なエピソードも話せばより印象的なスピーチになります。



 いかがでしょうか。以上の点を踏まえて、上司が気持ちよく新天地に迎えるようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する