1. 営業の導入を円滑に進めることが出来る会話の切り出し方

営業の導入を円滑に進めることが出来る会話の切り出し方


 営業での会話の切り出しに困っているという営業マンの方は多いのではないでしょうか。いきなり商品のセールストークから入ってしまうと、取引先の方は若干身構えてしまいがちです。ここでは、相手が身構えないような営業での会話の切り出し方について紹介していきたいと思います。

いきなり商品の話題から入ってはいけない

 いきなり商品の説明や会社の説明から入るような営業の会話は導入が成り立っていると言えませんし、取引先の方もいきなりセールストークが始まってしまうと一気に閉鎖的になってしまいがちです。やはり、最初はセールストークよりも柔らかい雑談から入るのがいいのではないでしょうか。

アイスブレイクを行い、相手との距離を縮める

 営業の会話では、まず「アイスブレイク」と呼ばれるような、取引先との距離を縮めるような会話から始める必要があるでしょう。例えば、相手の関心事や趣味などの本来の営業とは関係ないような話題から始めることで、上手く距離感が縮まり、信頼感も生じていくようになります。

セールストークの切り出しにも注意が必要

 アイスブレイクが上手く行っても話が一段落ついたところで一気に畳み掛けるようにセールストークを始めてしまっては相手も興ざめしてしまい逆効果になってしまいます。営業トークの切り出し方としては直接商品や会社の説明で入るのではなく、困っていることを聞き出すところから商品の提案に入ることや、はいやいいえで答えられるような質問から入る工夫が必要です。




 ここでは、営業の会話の切り出し方について説明していきました。セールストークにいきなり入ってしまうとなかなか成功には結びつかないようです。距離感をなくすような会話をして、そこから徐々に商談に入るような組み立てが必要なのではないでしょうか。ここで紹介したような切り出し方を意識して行い、円滑な導入を目指すようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する