1. 営業の会話のタブーをうまく回避するための3つの方法

営業の会話のタブーをうまく回避するための3つの方法


 営業の会話の中には言ってはいけないタブーの話題が存在します。タブーの話題は相手に不快感を与えたり、信頼を損なってしまう恐れがあるものです。ここでは、タブーの話題を回避するための方法を3つ紹介していきたいと思います。

1.主義・主張が分かれるような話題はしない

 営業では、野球・政治・宗教などの話題はタブーとされています。これらの話題は、個人の主義や主張がはっきりと出てしまうため、批判的な話はしてはいけないことになっています。主義主張がはっきりと分かれるような話題は極力控え、もしするとしても、差し障りない範囲で触れるようにする配慮が必要なのではないでしょうか。

2.他社製品との比較で売り込むことはしない

 他社や他社製品の悪口を言うことも営業のタブーとされています。営業に売り込みに行くときは取引先が他社製品と比較検討している場合もあり、そのような場合は悪い印象を与えてしまうでしょう。他社との比較は避け、自社商品のいいところをセールスポイントとして営業を組み立てるように心がけましょう。

3.他のクライアントの事を話題にしない


 営業マンは多くの企業に立ち入っており、また、多くの企業の悩みを聞く立場にあります。そのため、企業の機密事項を話すことは避ける必要があります。なるべく他社の情報は話さないようにすることが大切なのではないでしょうか。また、クライアントの導入事例などを説明に入れたい場合でも、細心の注意を払い、情報を漏らさないように心がけましょう。




 ここでは、営業での会話のタブーを紹介し、それを回避するための方法を紹介しました。タブーに触れてしまうと、取引先との関係が悪くなってしまいますので、ここで紹介したようなタブーの回避方法をうまく利用し、信用を下げない会話を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する