1. ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう!

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう!

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 1番目の画像
出典:zozo.jp

 「今日はどのネクタイにしよう」と迷うときはないだろうか?

 ネクタイやシャツの色によって、同じスーツでも見た目や印象がガラリと変わるもの。

 そこで今回はネクタイ選びで迷ったときに役立つ「色の知識」と「柄」について紹介したい。

 やる気がみなぎっているとき、大切なプレゼンで緊張しているとき、体調が悪いとき、気分が落ち込んでいるとき、などの気分に合わせてネクタイの色や種類を選べるようになればきっと仕事ももっと楽しくなるはずだ。

 色があなたの一日を後押ししてくれるでしょう。

【ネクタイ選び】ネクタイの色があなたに与える影響

ネクタイ選びの参考になる「色による心理イメージ」

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 2番目の画像

 上の図は、主要な色ごとのイメージや印象をまとめたもの。

 上記の色による心理イメージを活用すると、以下のように色を選ぶことができる。

【例】気分に合わせたネクタイ選び

  • やる気がみなぎっているときは赤色
  • なんだか気分が沈みがちなときは黄色
  • 体調が悪いときは緑色
  • 営業などの外回りの日はオレンジ色
  • 焦りなどの気持ちを落ち着かせたいときは青色or茶色

 ネクタイの色に困ったら、例に上げたようにその日のあなたの状態によってネクタイの色を選んでみよう。

 きっと色が持つ効果が、あなたの一日を後押ししてくれるはずだ。

【なりたい印象別】おすすめのネクタイ柄

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 3番目の画像

 ネクタイを選ぶ際、色とともに迷うのが柄。

 そこで、色は決まっても柄で迷ってしまったときのために、それぞれの柄の持つイメージも一緒に理解しておくと、ネクタイ選びに迷う時間がグッと短縮できるはずだ。

 ネクタイ選びに迷った際は、以下にまとめたなりたい印象別のネクタイ柄を参考にしてほしい。

都会的で洗練された印象を作りたい日におすすめのネクタイ柄:「無地」

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 4番目の画像
出典:zozo.jp

 都会的で洗練された印象をつくりたい日は、ネクタイはシンプルな無地(ソリッド)のネクタイを選ぼう。

 清潔感のあるルックスで、シャープな男性に仕上げてくれるはず。

 ストライプなどの柄シャツと合わせる際にも、無地のネクタイはおすすめだ。

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 5番目の画像
出典:zozo.jp

上品な印象にしたい日におすすめのネクタイ柄:「ドット・小紋柄」

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 6番目の画像
出典:zozo.jp

 上品な印象にするには、小さな単色のドットか小紋のネクタイをチョイス。

 水玉模様は女性っぽいイメージがあるためか、あまり日本人の男性は挑戦しにくいようだが、海外ではとても人気のあるネクタイ柄だ。

 単色でドットの織りが入ったネクタイなどもあるため、ぜひ自分のスーツスタイルに合うものを見つけてほしい。

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 7番目の画像
出典:zozo.jp

カジュアルなイメージにした日におすすめのネクタイ柄:「チェック柄」

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 8番目の画像
出典:zozo.jp

 カジュアルなイメージにする際に活躍するのがチェック柄のネクタイ。

 ジャケットにジーンズを合わせるときなどは、タータンチェック柄のネクタイなどがオススメだ。

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 9番目の画像
出典:zozo.jp

かっちりとした印象にしたい日におすすめのネクタイ柄:「レジメンタル・ストライプ柄」

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 10番目の画像
出典:zozo.jp

 レジメンタル・ストライプは、ちょっとかしこまった印象を作り出すのに最適なネクタイ柄。

 ビジネススーツでのフォーマルな装いをはじめ、カジュアルなコーディネートでちょっとかっちりさせたいときにも、レジメンタルストライプ柄のネクタイをコーディネートすればバランスよくきまる。

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう! 11番目の画像
出典:zozo.jp


 スーツスタイルやビジネスカジュアルスタイルで仕事をしているビジネスパーソンであれば、きっと毎日ネクタイを着用しているだろう。

 また、仕事内容によってスーツを着用する男性も多いはずだ。

 きっとそんな男性たちの中には、ネクタイ選びで困った経験がある人もいるにちがいない。

 今後またネクタイ選びで困ったら、ぜひ本記事で紹介したネクタイの色や柄のもつイメージを参考に、その日のあなたを後押ししてくれるネクタイを選んでみてほしい。

 きっと、いつもよりも上機嫌で仕事に臨めるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する