1. ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう!

ネクタイの色に迷ったら、この色を身につけよう!


 「今日はどのネクタイにしよう?」と迷う時がありませんか?ネクタイやシャツの色によって、同じスーツでも観た目も気分も変わります。やる気がみなぎっているとき、大切なプレゼンなどで緊張しているとき、体調が悪いとき、気分が落ち込んでいるとき、様々な日があると思います。気分によって選ぶネクタイの色も変わってきますが、ネクタイ選びで迷ったら、下記を参考にしてみてください。色があなたの一日を後押ししてくれるでしょう。

色があなたに与える影響


 上の図を見ると、色による心理イメージが見て取れます。

それを利用して、例えば、

・やる気がみなぎっているときは赤色

・なんだか気分が沈みがちなときは黄色

・体調が悪いときは緑

・営業な

どの外回りの日はオレンジ

・焦りなどの気持ちを落ち着かせたいときは青や茶色のように、

その日のあなたの状態によってネクタイの色を選んでみても良いかもしれません。色が持つ効果が、あなたのその日一日を後押ししてくれるでしょう。

ネクタイの柄によってもイメージは変わる


ネクタイを選ぶ際、色とともに迷うのが柄ですよね。そこで、色は決まっても柄で迷ってしまったときのために、下記のような柄の持つイメージも一緒に理解しておくと、もうネクタイ選びに迷うことはなくなるでしょう。

無地

都会的で洗練された印象をつくるには無地の ネクタイ 都会的で洗練された印象にするには、ネクタイはシンプルな無地のネクタイを選びましょう。

ドット・小紋柄

上品なイメージをつくるには単色のドットか小紋柄のネクタイ 上品な印象にするには、小さな水玉模様か小紋のネクタイをチョイス。水玉模様は女性っぽいイメージがあるためか、あまり日本人の男性は好まないようですが、海外ではとても人気のあるネクタイ柄です。

チェック柄

カジュアルなイメージをつくるにはチェック柄のネクタイ カジュアルなイメージにする際に活躍するのがチェック柄のネクタイです。ジャケットにジーンズを合わせる時など、タータン・チェック柄のネクタイがよく合います。

レジメンタル・ストライプ柄

かしこまった印象をつくるにはレジメンタル・ストライプ柄のネクタイ レジメンタル・ストライプは、ちょっとかしこまった印象に最適。ビジネススーツでのフォーマルな装いをはじめ、カジュアルなコーディネートでちょっとかしこまりたいときにも、このストライプ柄のネクタイでOKです。


 このように、柄によってもイメージは変わってきます。ネクタイ選びで迷ったときは参考にしてみてくださいね。


まとめ


 毎日ネクタイを着用する職業の人も多いと思います。また、毎日ではなくとも仕事内容により今日はスーツで、という人も多いと思います。ネクタイ選びで迷ってしまう、という状況は多くのビジネスマンが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?色や柄のもつイメージを知り、その日のあなたを後押ししてくれるネクタイを選び、いい気分で一日を迎えることができたら素敵ですよね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する