1. 営業で良い印象を与える男性の髪型を作るための3つの方法

営業で良い印象を与える男性の髪型を作るための3つの方法

 営業を成功させるためには身だしなみをキチンと整えることが必要となります。特に、髪型は顔を見る際に必ず目に入るため、重要ではないでしょうか。ここでは、営業で好印象を与えることが出来る男性の髪型を作る方法を紹介していきたいと思います。

1.おでこを広く出す髪型にする

 営業の方は、おでこを広く出す髪型にすると良いでしょう。髪がおでこを隠す髪型ですと、顔に影ができてしまうため、周りに暗い印象を与えてしまいます。おでこを広く出すことで外交的で相談しやすいという印象になり、営業も上手くいきやすくなるのではないでしょうか。また、おでこが出ない場合でも、髪を分け、顔に髪がかからないような工夫をするといいのではないでしょうか。

2.もみあげや耳周りはすっきりとする

 もみあげや耳周りは伸ばさずに短くすっきりとした髪型にして、さわやかな印象を与えましょう。男性の営業担当者は清潔感がある髪型が好まれます。また、すっきりとした印象から、健康的であるということもアピールすることができるのではないでしょうか。

3.パーマやツーブロック、過度な短髪は避ける

 パーマやツーブロックなどの髪型はおしゃれという観点ではいいのですが、営業という観点で見ると、避けるべきな髪型と言っていいでしょう。とくに、固い企業や年配の方に対しての営業においては悪い印象を与えかねません。


 また、坊主やそれに近いような髪型は相手が恐怖感を持ってしまい、話にくい原因になってしまいますので、こちらも避けるようにしましょう。





 ここでは、営業の男性の方が取引先にいい印象を与えられるような髪型の作り方を紹介しました。印象によりメッセージの受け取り方はだいぶ変わってくることもありますので、営業の方はここで紹介したような内容に気をつけ、髪型を考える必要があるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する