1. 【職場の人間関係を円滑に】様々な職場が取り入れている“サンキューカード”って?

【職場の人間関係を円滑に】様々な職場が取り入れている“サンキューカード”って?


 “サンキューカード”または“サンクスカード”と呼ばれるカードを社員同士で贈り合う制度を取り入れている職場が増えてきています。この“サンキューカード”は、実は職場の人間関係を円滑にし、互いに高め合うことができてしまうツールなのです。

“ありがとう”を伝える大切さ

 サンキューカードとは、職場に用意されたカードに、職場の仲間にありがとうを伝える意で書かれ、社内で交換されています。職場によりその渡し方は様々ですが、直接渡せるときは直接渡し、渡せない時は専用ボードの各名前のところにカードを貼っていく職場や、社員ロッカーに貼っていく職場、また、誰もが見られるように壁に順番に張り付けて行き、誰がどんな時に何をしたのかが全ての社員が見ることができるようにしている職場もあります。


 サンキューカードに書かれている“ありがとう”は様々ですが、大きなことから小さなことまでどんな“ありがとう”でも、伝えなければ伝わりません。日頃“ありがとう”と思っていても忙しくてなかなか伝えることができない、伝えようと思っていても、次のシフトの時間が合わずになかなか会えず結局伝えることができなかった、など、感謝の気持ちはあっても伝え損ねてしまうことは多くあります。そんなときに、サンキューカードがあると、ありがとうを伝え損ねることがなくなり、きちんと相手に感謝の気持ちを伝えられるのです。

“ありがとう”が生み出すモチベーションの凄さ


 同僚から、後輩から、上司から、「ありがとう」と言われることは誰もが嬉しいものです。普段感じている“ありがとう”の中に、直接伝えられていない“ありがとう”がどれだけあるでしょうか?どんな小さなありがとうでも、それをきちんと相手に伝えることにより、相手のモチベーションは上がります。職場に“ありがとう”が飛び交うほど、社員一人一人のモチベーションは上がりますし、それが職場全体のモチベーションアップにつながります。そして職場に活気も出てきます。このようなことから、職場で“サンキューカード”“サンクスカード”を贈り合う制度を設けるところは増えてきているのです。

あなたの職場に“ありがとう”は溢れていますか?


 サンキューカードは普段交わされている「ありがとう」以外に、ほんの小さなありがとうや、言いそびれてしまったありがとうを逃さず伝えられるツールです。忙しい職場ほど、注意されたり怒られたりすることはたくさんあっても、“ありがとう”は伝え損ねられてしまっているところもあるのではないでしょうか?しかし、同僚同士はもちろん、上司から「ありがとう」と言われた時の嬉しさは人一倍です。そして上司から「ありがとう」と言われたらモチベーションもぐんと上がります。


 あなたの職場に“ありがとう”は溢れていますか?職場の人間関係が円滑になり、かつ、モチベーションも上がるツールである“サンキューカード”取り入れてみたらいかがでしょうか?






U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する