1. 【EC×ファッション】の壁を破るのはこれだ!オンラインでバーチャル試着できるサービスが増加中

【EC×ファッション】の壁を破るのはこれだ!オンラインでバーチャル試着できるサービスが増加中


 ファッション業界でも「通販」が主流となってきていますが、ファッション通販においてこれまでにネックとされてきたのが「試着が出来ない」という点でした。試着が出来ないので、実際に店舗で購入されている商品よりも返品率は高くなり、また、買い手側も、画面上でしかその洋服が見れないため、サイズ感や実際に着た感じなどがわかりにくく、なかなか自分が欲しいものに近い商品を買うことに苦労をしていました。そんなことから、ファッションとECを結び付けるのは難しいとされてきました。しかし昨今、オンライン上で試着ができるサービスが増加してきています。「試着が出来ない」デメリットを打破する、今注目の“バーチャル試着”に迫ります。

JINSが提供するメガネ試着アプリ「Salon de MEGANE」


 アイウエアブランドの「JINS」は2012年から、自分の写真を登録し、JINSが販売しているメガネをアプリ上でバーチャル試着できるアプリ「Salon de MEGANE」の提供を始めました。このアプリでは、自分の顔写真を一枚登録すると、アプリ上で自動で3次元の自分のメガネ顔が生成され、その自分画像に眼鏡をかけてバーチャル試着ができてしまうのです。さらに、「丸顔」「面長顔」など、それぞれの顔の形を自動認識し、その顔型に似合う眼鏡をおすすめしてくれるのです。メガネは、洋服よりもさらに着用イメージがわきにくいものなので、自分の顔に合わせてみることができるこのアプリは人気となっています。


ファッション通販サイト夢展望が提供する試着アプリ「夢コレ」


 若者からの人気を誇るファッション通販サイト、「夢展望」のスマートフォンアプリです。気になる商品を実際に画面上でモデルに着せてみることができます。モデルに服を試着させることにより、トップスとボトムスを合わせたイメージなどもみることができ、よりイメージがしやすくなることが人気の秘訣です。

総合ファッション通販サイトマガシークが提供するバーチャル試着ソリューション「バーチャサイズ」



 マガシーク株式会社が運営する総合ファッション通販サイト「マガシーク」では、2013年に日本初となるバーチャル試着ソリューション「バーチャサイズ」を導入しています。これは、買い手が過去に購入したサイズや事前に登録した自分のサイズをサイト内に記憶させておき、その時購入を検討している洋服の2D画像を画面上に表示して、過去に購入した服や自分のサイズと比較してみることができるサービスです。洋服によりサイズ感が変わるので、このバーチャサイズを利用することにより、サイズ感が認識しやすくなると人気を得ています。

これからは“バーチャル試着”の時代になる


 ファッション×ECという壁を突き破れるかもしれない“バーチャル試着”。これからバーチャル試着アプリやサイトはますます増えていくと予想されます。「家にいながら手軽に買い物ができる」という通販は、その手軽さから需要はますます拡大していくでしょう。その中にこれから切り込んでいくであろう、『バーチャル試着を備えたファッション通販』、注目です。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する