1. 営業で悪い印象を与えない腕時計の色の選び方

営業で悪い印象を与えない腕時計の色の選び方


 営業では、身なりや服装など、細やかな気配りが必要となります。特に腕時計は、デスクに座った時に目に入りますし、色やデザインなど、営業マンは留意する必要があるアイテムと言えるのではないでしょうか。ここでは、営業マンの腕時計の色の選び方を紹介していきたいと思います。

基本的にシンプルなものを選ぶようにする

 営業では、なるべく相手に悪い印象を持たれないような腕時計を選ぶようにしましょう。そのためには、値段が高すぎるものは避けることやデザインが華美なものは避ける必要があります。腕時計の色に関しても同じことが言えるため、基本として抑えておきたいのは単色で、白や黒などのシンプルなものを選ぶということになります。

文字盤は黒、もしくは白いものにする

 営業の外回りでは、多くの企業に訪問する機会があります。やはり、全ての人に対して悪い印象を持たれないような黒や白などのシンプルな配色の文字盤のものを選ぶようにするのがいいのではないでしょうか。カラフルな文字盤の物が印象に残りやすいという理由で用いられることもありますが、悪い印象を持つ方も多く、営業を失敗してしまう原因にもなりかねないため、オススメしません。

ベルトはメタルの素材のものか、黒を選ぶ


 ベルトは、メタルでできているものか、革や布のものであれば、黒のものを選ぶと良いです。海外では、革のバンドが標準的だとされており、革のものを選ぶと、真面目で真摯な姿勢が見えるようになるそうです。汗で変色してしまう場合もありますので、なるべく水や汚れに強い素材のものを選ぶと良いでしょう。




 ここでは、営業の担当者の腕時計の選び方について説明しました。靴や腕時計など、細かな部分に目が行く方もいるので、腕時計の色もしっかりと選び印象が悪くならないように気を付ける必要があるでしょう。ここで紹介した色使いの腕時計を身につけ、営業で悪い印象を与えないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する