1. 営業をスムーズに行うために気を付けたい初対面の挨拶を上手く行う方法

営業をスムーズに行うために気を付けたい初対面の挨拶を上手く行う方法


 長く取引したい取引先に営業に向かう時、大切になるのは初対面のときの挨拶ではないでしょうか。挨拶からスムーズに営業に入ることができれば、円滑に営業を進めることができ、その後の取引もうまくいく確率が高まるでしょう。ここでは、営業で初対面の取引先にうまく挨拶をする方法を紹介したいと思います。

挨拶は必ず取引先よりも先に行う

 ビジネスマナーとして、営業での初対面のときの挨拶は、必ずこちら側から行うようにしましょう。また、複数人数で挨拶に伺う場合は、役職の低い者から挨拶をするのが一般的なマナーとされています。このようなマナーを守れないと、まず初対面でいい印象を持ってもらうことはできないでしょう。

挨拶の内容とより挨拶を良くする3つのポイント 

 挨拶では、手短に自分の担当部署と名前を言うようにしましょう。いきなり商談や営業に繋がる話題をここで盛り込んでしまうと、相手も警戒してしまいます。ここでは、自分の紹介をするという目的を最優先しましょう。

挨拶の際は目線をしっかり合わせる

 挨拶をしている時に目線をそらしたり、目が泳いでいると、誠実ではないと相手に取られてしまう恐れがあります。しっかりと相手の目を見て挨拶を行い、相手の挨拶の時も、目線はキープしましょう。

表情は柔らかく、相手にいい印象を持たせる

 緊張しているような面持ちや、固い表情をしていると、相手もなかなか警戒心を解いてくれません。相手の話を受け入れる姿勢を作るという意味でも、柔らかい表情と姿勢を心がける必要があるでしょう。

握手をする際は、ガッチリと握る

 挨拶として、握手を求められる場合があります。その際は、しっかりと握り、相手にやる気があるということを示しましょう。弱い握り方ですと、あまり興味がないのではないかと思われてしまうそうです。




 ここでは、営業で初対面のときに好印象を与えられるような挨拶の方法を紹介しました。挨拶は初対面の営業の最初の一歩として非常に大きな役割を担っていますので、ここで紹介した方法を実践することで、初対面でもスムーズな営業ができるのではないでしょうか。初対面で良い挨拶を行い、営業を成功へ導きましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する