1. 心がけ1つで大きく差が出る!相手が不在のときでも好印象を与えられる営業の挨拶の方法

心がけ1つで大きく差が出る!相手が不在のときでも好印象を与えられる営業の挨拶の方法


 営業担当者の悩みとして相手が不在のときにどのようにしたらよいかわからないというものがあります。不在時でもしっかりと相手先に印象を残し、次回はアポイントをとって会ってみたいと思ってもらえるような挨拶の配慮をすることが営業の成功に繋がるのではないでしょうか。ここでは、不在時に行いたい挨拶の配慮の仕方を紹介していきたいと思います。

まず、不在時に営業に来たということを知らせる

 まずは、不在時でもしっかりと訪問したということを相手に伝える事が重要になるでしょう。そのためには、受付の方や、部署の他の方にどのような用件で訪問したのかということと、次にいつ訪問するのかを伝えておく必要があるのではないでしょうか。

挨拶のメモと名刺を残すと、印象がグッと良くなる

 受付や担当ではない方へ要件を伝えることが重要になると書きましたが、それだけでは上手く伝達されなかったり、インパクトが弱かったりするため、次の営業にはつながらない恐れがあります。挨拶のメモと名刺を担当者のデスクに残しておくと、伝達漏れを防ぐことができ、きちんと配慮が行き届いていると相手に印象付けることが可能でしょう。

用件だけを手短に書くのではなく、心を込めて

 用件だけを書くのであれば、名刺の裏で事は足りてしまいます。しかし、心がこもっているということや、配慮がなされているということが相手に伝わるようなメッセージを残すことが次の営業に繋がるのではないでしょうか。用件だけではなく、挨拶の文章や他の話題も盛り込むことで、取引先の評価も上がっていくと考えられます。




 ここでは、営業で取引先の方が不在だった時の挨拶の仕方について紹介しました。配慮の行き届いたメモや名刺をデスクに残しておくということが、営業の成功に繋がるでしょう。不在時でもここで紹介したような配慮を行い、営業の成功率を高めていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する