1. 覚えておきたい上司への朝の挨拶の仕方-ビジネスマンの一日は元気な挨拶から

覚えておきたい上司への朝の挨拶の仕方-ビジネスマンの一日は元気な挨拶から


 朝の挨拶は一日の仕事の景気づけにつながります。気持ちの良い挨拶ができれば仕事へのやる気も上がるでしょう。しかしそこで迷ってしまうのは立場が上の人への挨拶です。上司への挨拶はどのようにするのが正しいのでしょうか?

すれ違ったとき、目があった時には必ず「おはようございます」

 上司とすれ違ったときや、目があったときには必ず挨拶するようにしましょう。これは社会人として当然のマナーです。わざわざ席が離れている上司のところへ挨拶しに行くかどうかは会社によっても異なりますが、上司が忙しくなさそうならば挨拶してみてもいいでしょう。挨拶をされて悪い気持ちになる人はいません。


  挨拶の言葉ですが、特別なものである必要はありません。普通に「おはようございます」と声をかけ、軽く会釈をするだけでいいのです。とにかく失礼にならないように普通に声をかける。これがマナーの基本です。

挨拶は笑顔で元気よく

 朝から元気のない挨拶をされては上司も暗い気持ちになってしまいます。朝の挨拶は特に元気良く、はきはきと伝えるようにしましょう。相手の目を見て、笑顔で話すことが重要です。またごにょごにょとつぶやくのではなく、はっきりと発音しましょう。全ての挨拶に共通することですが、上手な挨拶はそれだけでいい印象を与えることができます。



 朝の挨拶は一日の仕事の基本です。明るい挨拶ができれば、みんなが気分よく仕事ができるでしょう。また、こうした毎日の挨拶はあなたの印象にも大きく影響します。明るい挨拶をして上司から気に入られる部下を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する