1. 大企業も取り入れている!Twitter公式アカウントのすすめ。

大企業も取り入れている!Twitter公式アカウントのすすめ。



今や、アカウントを持っていない人の方が少ないと言っても過言ではないTwitter。 


数年前から大手企業も公式アカウントを開設し、運用を行っています。


 なぜ、企業の公式アカウントの運用を行うのかをご紹介します。

数年前から大手企業も公式アカウントを開設し、運用を行っています。


商品、サービスのPR



新商品・既存商品の情報を流し、フォロワーに見てもらったり拡散してもらうことでPR活動に繋げます。


広告を打ち出すと、莫大な額のお金が必要ですがTwitterは無料です。

しかし、PR効果も一定数のフォロワーが居なければ効果はあまり期待できません。


フォロワーを増やす施策を行い、なるべく多くのフォロワーを獲得するのが商品やサービスPRの鍵となります。


サポート活動



TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアに投稿されている疑問・苦情を企業側が主体的にサポートすることを『アクティブサポート』と言います。


今までは、疑問・苦情が発生した時は顧客自らサポートダイヤルなどにコンタクトをとるというスタイルが一般的でした。

しかし、ソーシャルメディアを通して企業側が主体性を持って疑問・苦情に対応することで、問題解決だけでなく顧客満足度の向上にも繋がります。


コミュニケーション



普段自社の商品・サービスのユーザーと接する機会は意外と少ないもの。

Twitterの公式アカウントを運用することで、ユーザーとのコミュニケーションをはかることができます。


また、ユーザーが普段利用している商品・サービスの運用企業とコミュニケーションをとることで、企業とユーザーの結びつきも強くなる傾向があります。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する