1. 「プロは仕事の完成が早い」 - 年明けからスタートダッシュを決める方法

「プロは仕事の完成が早い」 - 年明けからスタートダッシュを決める方法


 「今年はやるぞ!」と意気込んでいるビジネスマンの方は多いのではないでしょうか。今年一年のビジネスを成功させるためには、最初のスタートダッシュが肝心なのではないでしょうか。ここでは、スタートダッシュをうまく切るためにやるべきことを紹介していきます。

プロの仕事はスタートダッシュ型


 プログラマーの中島聡氏は、早期にある程度の段階まで仕事を終わらせて、あとは微調整に入るようなスタートダッシュ型の仕事がプロのする仕事であると述べています。しかし、多くの人は、期限や納期ギリギリに間に合わせようと終盤に無理をする傾向にあるようです。

スタートのために休暇を「ただの休み」にしない

 冬季休暇中の方が多いと思いますが、休暇を単なるリフレッシュ期間に充ててしまうと、一気にスタートで差がついてしまい、うまくスタートを切ることができません。休暇中でも仕事のことを記憶の片隅に置き、少しずつでも良いので仕事と離れないような努力をすることがスタートダッシュにつながります。

スタートダッシュだからこそ、綿密な目標設定をする

 スタートダッシュをするためには、最初の段階で達成目標をギリギリに設定する必要があります。そのためには、設定を細かく分け、どのタイミングでどれだけ終わらせるのかというのを決める必要があります。スタートダッシュというと、ただがむしゃらに進んでいくだけだと思いがちですが、綿密な準備がスタートダッシュの成功と大きな関係があるのではないでしょうか。





 ここでは、年始からスタートダッシュを決める方法について紹介しました。スタートダッシュを決めて楽に締め切りを乗り越えたいという方、今年こそ目標を達成したいという方はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する