1. 正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方

正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方

正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方 1番目の画像

 突然だが、あなたは上司や仕事でお世話になった人に年賀状を送っただろうか?

 「もちろん送った」という人は、年賀状を送ったことに満足していないだろうか?

 実は年賀状を送った後、年明けに届いた年賀状や喪中期間に届いた年賀状への対応が必要になるケースがある。

 そこで今回は年明けの年賀状マナーと、その対応策として「寒中見舞い」の書き方について紹介したい。

年賀状を送っていない人から年賀状が送られてきた場合

正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方 2番目の画像

 年賀状を出していない相手から年賀状が届いた、という経験がある人も多いのではないだろうか?

「1月7日」までに返信の年賀状を送る

 年賀状が送られてきた場合、「返信の年賀状を送らないこと」というのは最も失礼なこと。

 ビジネスマナーとして、必ず返信の年賀状を送ろう。

 元旦を過ぎてから年賀状を出す場合、一般的には“松の内”と呼ばれる「1月7日まで」に年賀状を送るのがマナーとされている。

年賀状を返すのが「1月7日」を過ぎてしまった場合は?

 会社の休みの都合で仕事始めが遅くなると、1月7日を過ぎてしまうということも考えられる。

 年賀状を返すのが7日以降になってしまった場合は、「寒中見舞い」という形で送り返そう。

ビジネスシーンにおいての寒中見舞いの書き方

正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方 3番目の画像

 遅れてしまった場合は寒中見舞いを書くと良いと述べたが、寒中見舞いとはどのようなものなのだろうか?

寒中見舞いを送る期間は「1月8日から2月4日まで」

 寒中見舞いを送る期間は、松の内(1月7日)明けから立春(2月4日)まで。

 年賀状を送り返すのが7日を過ぎてしまったら、なるべく早めに寒中見舞いを送るように心がけよう。

 また、寒中見舞いは喪中の人への挨拶、喪中とは知らずに年賀状を出してしまったときのお詫びとして用いられる。

 大人の常識として「寒中見舞いとは何か?」ということは最低限覚えておいてほしい。

年賀状を出しそびれて寒中見舞いを送る場合は?

 年賀状の返信が遅れてしまった場合、かならず寒中見舞いに一言添えて送ろう。

【寒中見舞いの構成例】年賀状を出しそびれた相手へ送る場合

  • 寒中見舞いの言葉
  • 年賀状へのお礼と挨拶が遅れたことへのお詫び
  • 近況報告
  • 締めの挨拶

【寒中見舞いの例文】年賀状を出しそびれた相手へ送る場合

  • 寒中お見舞い申し上げます。

    丁寧な年賀状をいただきながら、ご挨拶がすっかり遅れてしまい申し訳ございません。
    年末は慌ただしく過ごしておりましたが、お陰様で穏やかな新年を過ごしております。

    まだまだ寒い日がつづきます。風邪など召しませんよう健康にご留意してお過ごしください。
    本年もよろしくお願い申し上げます。

    平成〇〇年○月○日

 ビジネスにおいて信頼関係は大切にしなければならないものだ。

 プリントされた文字で送るのではなく、直筆で心のこもったメッセージを書くのがベストである。

お詫びの寒中見舞いが送られきた場合の返信は?

お詫びの寒中見舞いには返信する必要はナシ

 年賀状の返信で寒中見舞いがきた場合は、返信する必要はない。

 送られてきた年賀状に対する返事であると受け止めておこう。


 今回はビジネスシーンで年賀状を送り忘れてしまった場合の対応の仕方と、年賀状に返信するための寒中見舞いの書き方を紹介した。

 最近のビジネスシーンでは、メールやSNSが主流でハガキでやりとりする機会は数少なくなっている。

 そんな時だからこそ、伝統的な年末年始の挨拶を丁寧にすることが有用なのだ。

 本記事で紹介した寒中見舞いの出し方を参考に年賀状への返信をして、気持ちのいい新年のスタートを切ろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する