1. 正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方

正月後も大切!新年明けの年賀状のマナーと「寒中見舞い」の書き方


 新しい1年が始まりましたが、上司や仕事でお世話になった方に年賀状は送りましたか?年賀状を年内に送ることはもちろん大切ですが、年明けに来た年賀状や喪中期間に来てしまった年賀状への対応が年明けには必要となります。ここでは、年賀状のマナーをまとめ、どう対応すればよいのか、方法を紹介していきたいと思います。

送っていない人から年賀状が送られてきた場合

 名刺のチェックを忘れてしまい、出し忘れていた方から年賀状が届いたという方は多いのではないでしょうか。年賀状が来た場合、返信の年賀状を送らないことが最も失礼にあたります。ビジネスマナーの1つとして、必ず返信の年賀状を送るようにしましょう。一般的に松の内と呼ばれる1月7日前後までに送るのがマナーと言われています。それよりも遅れてしまった場合は寒中見舞いという形で送るようにすると良いそうです。

ビジネスシーンにおいての寒中見舞いの書き方

 さきほど遅れてしまった場合は寒中見舞いを書くと良いと述べましたが、寒中見舞いとはどのようなものなのでしょうか?寒中見舞いは、松の内の1月7日前後から立春(2月4日)までの間に送るものです。基本的には暑中見舞いと変わりませんが、年賀状を送らなかったお詫びや、喪中の方の挨拶にも用いられる役割があります。

かならず一言添えて出すようにする

 年賀状の返信が遅れてしまった場合はかならず一言添えて送るようにしましょう。ビジネスにおいて信頼関係は大切にしなければならないものです。プリントされた文字で送るのではなく、直筆で心のこもったメッセージを書くとよいでしょう。


お詫びの寒中見舞いが来た場合の返信は不要

 年賀状の返信で寒中見舞いがきた場合は、返信する必要はないそうです。送った方に会った時などに会話で軽く触れ、挨拶するのがいいのではないでしょうか。また、返信を送る場合もメッセージや出し方に気をつけるようにしましょう。




 ここでは年賀状を送り忘れてしまった場合の対応の仕方と、寒中見舞いの書き方を紹介しました。メールやSNSが発達していますが、このような挨拶のマナーを忘れずに行うことがビジネスの成功に繋がるのではないでしょうか。年明けのスタートをうまく切るためにもここで紹介した寒中見舞いの出し方を忘れないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する