1. 【デキる社会人には常識?!】会議が憂鬱にならない方法

【デキる社会人には常識?!】会議が憂鬱にならない方法


「会議が憂鬱で何を発言して良いのかわからない…」という悩みを抱えてい人は少なくありません。

特に入社3年目までの若手に多いと言われています。


「なぜ会議が憂鬱だと感じてしてしまうのか?」を冷静に考えると、おのずととるべき行動が明確になります。


なぜ会議が憂鬱になってしまうのか?

自信が持てない



新入社員に多く見られるのが「この意見は間違っているかもしれない」のように自分の意見に自信が持てず、発言できないパターンです。


会議とは意見を出し合って、より良い答えを見つけていくもの。


発言に自信が持てないという人は、「なぜこう思うか」という意見の根拠を用意しておくと、発言についての説明を求められたときに対応ができますし、それが自信にも繋がります


会議での自分の立ち位置が理解できていない



「自分はなぜこの会議に参加しているのだろう」ということを考えてみましょう。


例えば、専門領域の会議の時に全くの素人の状態で参加したとしましょう。この会議で求められるのは「専門的な知識を持っていない、一般の人の意見」が求められていることでしょう。


こうして、「なぜ?」を考えてみると自分の立ち位置が明確になり実のある会議時間を過ごせます


自分を責めてしまう



真面目な人に多いのが、「同僚のAさんはこんなに発言しているのに、自分は全くできていない」と考えてしまったり、発言が受け入れられなかった時に自分を責めてしまうパターン。


周りを気にしすぎることは、良い結果を招かない場合もあります。

周りが気になってしまう人は、思い切って気にすることを辞めてみましょう。


準備を行っていない



準備不足の会議は、誰しも憂鬱なはず。

どんなに多忙でも『会議の主旨』『自分の意見』は最低限準備しておきましょう。

必要であれば資料作りもお忘れなく。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する