1. 重要なプレゼン前日に確認したい、当日に最高のパフォーマンスを発揮する3つの方法

重要なプレゼン前日に確認したい、当日に最高のパフォーマンスを発揮する3つの方法


 プレゼンは程度の差こそあれ、誰でも少なからず緊張するものです。次の日に重要なプレゼンが控えているからと、緊張して眠れないという経験をした人もいるのではないでしょうか。そんなプレゼンの前日に習慣にしたい最後の準備についてまとめました。

とにかく練習する

 プレゼンは緊張するものです。それはどうしようもありません。しかし、緊張した中で自分のベストの結果を出すには、とにかく練習するしかありません。人によっては資料を作り原稿を作ることで満足してしまいます。それでは当日に上手に人に伝わるプレゼンをすることはできません。


 前日にまずするべきなのは、きちんとした練習です。ただ原稿や当日配る資料に目を通すことは練習とは言いません。きちんと声に出して、今が本番であるかのように練習することです。できたら自分の声を録音して、客観的にどのように聞こえているのかを確かめるのもいいでしょう。


 社会人になると、他にもやることがたくさんあるからと、このように練習するという基本的なことを忘れてしまいがちです。家に帰ってから少しでも時間を見つけて、次の日のプレゼンの練習をするようにしましょう。

何を伝えたいのか再確認する

 練習と並行して行いたいのが、プレゼンを通じて最終的に何を言いたいのかをもう一度自分の言葉で確認するということです。プレゼンではただ一方的に反すことが目的ではありません。その中で自分の伝えたいことを伝えられるかが重要なのです。


 見た目だけ立派にして結局何が言いたいのかが伝わらないというプレゼンもありますが、その多くはプレゼンをしている本人も何が言いたいのかが定まっていないことが多いです。自分で伝えることが決まっていなければそれが相手に伝わることはありません。もう一度自分が伝えたいことを確認して、それがきちんと伝わるプレゼンになっているのかを確かめるようにしましょう。

よく寝る

 プレゼン前日に睡眠時間を削るのは、当日のパフォーマンスにも影響が出てしまいます。前日は早めに睡眠をとるようにしましょう。一説によると、睡眠不足は、酔っている時と同じくらい判断能力が低下しているそうです。そのような状況では、自分の伝えたいことを伝えることも難しいですし、相手から何か質問されても満足な回答を提示することはできません。


 多忙だと言われる広告・IT業界のビジネスマンも、プレゼン前日の睡眠時間は平均5~6時間とのアンケート結果が出ています。当日ベストなプレゼンを行うためには、体調も万全にしておく必要があります。

最後に

 自分の満足のいくプレゼンをするのはとても大変です。しかし、前日にするべき3つのことを習慣にするだけで、よりよいパフォーマンスを発揮することができるでしょう。忙しいビジネスマンもぜひ試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する