1. 転職を希望するビジネスマン必見!採用に繋がるうまい志望動機を作る3つの方法

転職を希望するビジネスマン必見!採用に繋がるうまい志望動機を作る3つの方法


 転職を目指す人の中で、履歴書の志望動機が上手く書けない、面接で志望動機を聞かれた時に上手く答えられないと困っているという方はいらっしゃいませんか?志望動機は転職採用の際に採用に繋がる大きな鍵を握っています。ここでは、転職に繋がる志望動機とはどのようなものかを説明し、よい志望動機を作る方法を考えてみたいと思います。

1.志望動機が意味する内容を正確に知る

 志望動機が上手く作れないという人は、志望動機や自己PR、転職しようと思った理由を混同しており、志望動機が意味する内容をうまく理解できていないのではないでしょうか。志望動機というのは、自分がなぜその企業に転職したいのかということになります。自分が転職したいと思った理由を明確にし、シンプルに考えるようにしましょう。

2.どのような企業なのかを詳しく知る

 志望動機の根本部分である「なぜその企業に転職したいのか?」を考える際に決め手となるのは、その企業の成長性や、社風、業務内容などでしょう。他社や今いる企業と比べ、どこがどのように優れているのかを明確にする必要があります。そのためにも、志望動機を書く前に転職したい企業のことをリサーチし、自分なりに把握する必要があるのではないでしょうか。

3.志望動機にありがちなミスを避ける

企業への依存が見える志望動機はNG

 転職を受け入れる企業は転職希望者に即戦力として会社を引っ張る役割を担って欲しいと考えている場合が多いのではないでしょうか。会社の福利厚生や研修制度はもちろん大切なことですが、志望動機にそのような内容を書くことは、会社に依存してやっていこうという意図に見られかねません。

具体性が伴わない志望動機を書いてしまう

 「経営理念に惹かれた」や「事業内容に興味があります」という文章は一見ありがちで良い志望動機だと思われがちですが、軽率にこれらのワードを使うのは控えたほうがいいでしょう。たとえばもし経営理念に惹かれたことを志望動機に書く場合は、具体的にどこに惹かれたのかを明確にし、はっきりどこの部分に共感したのかを述べられるようにする必要があるでしょう。




 ここでは、転職の際の志望動機の作り方を説明していきました。志望動機というのはやはり履歴書や面接のなかでも大きな比重を持っているものでしょう。ここで上げたような志望動機の書き方をして、良い転職ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する