1. ビジネスマンなら読んでいて当然!?必ず読んでおきたい成功への方法を学ぶ事ができる3つのビジネス書

ビジネスマンなら読んでいて当然!?必ず読んでおきたい成功への方法を学ぶ事ができる3つのビジネス書


 ビジネス書を読む人であれば、誰もがこれだけ押さえていれば良いというような効率的な本を読みたいと思うのではないでしょうか。ビジネス書の中で名著と呼ばれる本の中にはビジネスマンならばきっと役立つ要素があると言えるのではないでしょうか。ここでは、ビジネスマンであれば読んでおきたいと言うようなビジネス書の名著を5冊紹介していきたいと思います。

1.単に流行ったわけではない「マネジメント」

 「もしドラ」のブームでドラッカーのビジネス書は爆発的に売れましたが

、その人気とは関係なくドラッカーの「マネジメント」からは学ぶことが多くあり、役立つと言えるでしょう。よく、サラリーマンでも経営者の視点を持って欲しいということが言われますが、経営者の観点から企業を見る方法をみつけるのに最適の一冊であるといえるのではないでしょうか。

2.成功のノウハウが詰まっている「7つの習慣」

 スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれたビジネス書の「7つの習慣」に人生において成功するためのノウハウが網羅されています。主に自分の生活習慣や仕事でどのような点に気をつけていけばよいのかが書かれており、成功したいという人は、必ず読むべき本の1つと言ってもいいかもしれません。


3.営業マンは必見!?「人を動かす」

 営業マンの方にオススメしたいのが、デール・カーネギー氏のビジネス書、「人を動かす」です。この本には、人に好かれるための方法や人を変える方法が書かれています。営業マンの方はこのような人に接する上でうまくやっていく方法をこのビジネス書から学ぶのも良いのではないでしょうか。



一冊の古典はビジネス書10冊、いや100冊に勝るかも知れない。経済学で言えば、アダム・スムスの国富論は、今でも書店に並んでいる数多の現在のビジネス経済書100冊に優に匹敵するのではないか。

出典: 読書のすすめ――本から学ぶことの効用と古典の重要性|出口治明の ...

 ライフネット生命の創業者である出口治明氏はこのような名言を残しています。名著と呼ばれるビジネス書を読むことが効率的な本の選び方の1つといえるのかもしれませんね。効率的で役に立つようなビジネス書を読み、成功する方法を学びたいという方はここで紹介した本を読んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する