1. あなたの上司はどのタイプ?上司操縦術 -過剰に干渉する上司編 6つのヒント

あなたの上司はどのタイプ?上司操縦術 -過剰に干渉する上司編 6つのヒント

 部下の仕事を必要以上に細かくチェックし、重箱の隅をつつくように仕事のプロセスにまでも口出し確認する上司はちょっと煩わしい。今回はそんな上司の操縦術に関して紹介します。

1. 上司が干渉するのは?

 まず、勘違いをしない事が重要です。細部まで部下の仕事に口を出す上司の下にいると「上司がこうなるのは自分に何か問題があるから」という気持ちになってしまいますがもし、周りを見回してみて上司があなた以外の部下にも仕事の細部まで口を出すのであれば、それは上司の内なる不安の大きさによるもので上司の必要性によるものという認識を持ちましょう。でないといくらあなたが自分自身を改善して行ったとしてもあまり効果は期待できませんし、自分が疲弊してしまったり上司変革に対しジレンマを持ってしまう結果になりかねません。

2. 上司の信頼で軽減化をはかる

 過剰に干渉する上司は、部下に見くびられていると感じたら自分が上司と言わんばかりに更に過剰に、思い知らせるように干渉してくる可能性があります。と同時にこの部下は信頼できないとレッテルを貼るかもしれません。そうなる前に手を打ちましょう。まずは、上司の対応を真摯に受け入れながら上司を観察することです。その間、抗議や反抗、やる気の無い態度などの如実なリアクションは避けるようにしましょう。

3. 傾聴は上司干渉緩和のレーダー

 傾聴とは人の話を聞き流すのではなく、注意を払って丁寧に耳を傾けることで相手のコミュニケーションストレスを軽減させる方法です。まずはこの傾聴力で上司の話を聞きましょう。但し、自分のメンタル意識が低下してしまいますので自分に関する指摘は100%額面どおり受け入れる必要はありません。そして、過干渉になる要因を観察していくのです。気持ちよく上司に喋ってもらうメリットは、現在抱えている不安以外に上司にコミュニケーションストレスをかけても百害あって一利なし。という点と上司の不安要素の理解が出来るという点です。

4. 傾聴のポイントは頷きと返事

 傾聴のポイントは頷きにあります。相手を主人公にする頷きをしましょう。納得・同意の頷き、驚きや気付きの頷き、継続(それから、それで)の頷きなど頷きをバリエーションをもってリアクションするのです。返事に関しては「ハイ」のみにならず「分かりました」をポイントポイントで言うようにしましょう。

5. 過剰干渉の上司に効く特効薬とは

 何度も言いますが、過剰干渉傾向の上司は不安のために過干渉になるのです。その不安を取り除く方法・特効薬は報告コミュニケーションしかありません。自身の上司に対する報告コミュニケーションを見直すことが必要です。それは、上司がいても立ても溜まらずにあなたに報告を求めてきたことについて今後、あなたは上司が聞く前にすすんで報告することです。傾聴はその為の観察でもあります。傾聴力が弱い方は、上司に要求された報告から上司の報告要求のクセを探していきましょう。報告が必ずいるもの。そしてそのカテゴリは何か、いらないものなど報告内容を仕分けして報告のメリハリをつけるのです。何でもかんでも報告するのではなく、上司の報告して欲しい内容をより丁寧に報告することが目的です。

6. 判断のとき

 干渉を改善して欲しい旨をリクエストする時は、慎重に行う事が必要になります。上司が聴く姿勢になったタイミングに話を切り出しますが、まずはいきなり用件を話すのではなくて、いま時間があるかどうかを確認しましょう。これは話す時間が充分ない時に、このようなヘビーな内容を話して話がこじれないようにするために重要です。本題に入る前に「一緒に仕事をさせていただいて学ぶ点が多い」など日頃の感謝からアプローチしてみるのも方法の1つです。いきなり本題(不満を伝える)から入るより、あなた(上司)のチーム運営には満足しているがここを変えて頂けるともっと嬉しい気持ちで仕事ができる。と伝えていく方が過干渉傾向の上司には効果があるようです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する