1. ウェアラブルデバイス「グーグルグラス」から見える、3つの新たなビジネスチャンス

ウェアラブルデバイス「グーグルグラス」から見える、3つの新たなビジネスチャンス


 2013年にGoogleが発表し、話題となったのがメガネ型コンピュータの「グーグルグラス」です。現在、開発者やごく一部の人しか購入することができないグーグルグラスですが、2014年初頭の発売が期待されています。ここでは、グーグルグラスがビジネスシーンにどのような影響を及ぼすのか考えてみたいと思います。

新たなデバイス時代の到来か!?

 グーグルグラスが発売される場合、予想されるのが、デバイスの新旧交代が行われるのではないかということです。インターネットを利用できるデバイスといえば、コンピュータでしたが、スマートフォンの登場によって急激にコンピュータ離れが加速しています。ここで、グーグルグラスを筆頭としたウェアラブルデバイスが登場することで、コンピュータはデバイスとして更に衰退し、更にはスマートフォンからメインデバイスの座を奪ってしまうのではないかと予想できます。グーグルグラスのようなウェアラブルデバイスではまだ確固たる地位を持った企業がいないため、増加することでビジネスシーンにおけるチャンスは増えるのではないでしょうか。

1.グーグルグラス向けアプリの開発

 グーグルグラスが研究者向けに現在販売している理由として、アプリを開発して欲しいという狙いがあるのではないでしょうか。Googleはグーグルグラスのアプリを開発するためのAPIを公開しています。スマートフォンでのアプリ市場がかなり大規模になっているように、グーグルグラスでのアプリ市場も大きく発展するでしょう。

2.AR技術を利用した広告が可能に

 グーグルグラスはARによる広告活動を活発にするでしょう。Googleでは、広告をグーグルグラス上に掲載することは考えていないというコメントを

出しておりますが、スマートフォンのカメラをかざす煩わしさを顧客から消し、自然に広告活動が行うことが出来るAR広告はグーグルグラスの登場によって発展すると考えられます。

3.精度の高いデータが集まり、レコメンドサービスの発展に繋がる

 グーグルグラスは常に身に付けるタイプのデバイスですので、これまで集めることができなかったシーンでのデータを集めたり、より精度の高いデータを集めることができるようになるのではないでしょうか。より精度の高いデータが集まれば、レコメンドサービスやマッチングなどのビジネスはより発展するようになるでしょう。




 このような新しいデバイスは単に顧客を喜ばせるだけでなく、ビジネスや社会全体に大きなチャンスを与えると言っていいでしょう。今後のグーグルグラスの発売や発展は、多くの企業にとって新たなビジネスチャンスと見てもいいかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する