1. 正月飾りの正しい飾り方・時期を知っていますか?

正月飾りの正しい飾り方・時期を知っていますか?



 クリスマスが終わるといよいよ年末ですね。オフィスでも、新年に向けて正月飾りを飾るところも多いと思います。新年に向けて気持ちを引き締め、気持ちよく新しい年を迎えたいですよね。ところで皆さんは、正月飾りの正しい飾り方や飾る時期を知っていますか?日本のお正月は、海外からとても注目される日本文化の代表です。私たち日本人は、正しい日本のお正月文化を知っておきたいですよね。また。オフィスで飾りつけをする際は、恥ずかしくないようにしっかりとした飾りつけを身に着けておきたいものです。本日は、正月飾りの正しい飾り方を特集したいと思います。


飾りつけは12月28日までに行いましょう


 正月飾りはなぜ飾るのか知っていますか?正月飾りは、年神様(新しい年の神様)を迎えるために飾ります。現在の日本では、クリスマスが終わった26日頃から28日までに飾り付けるのが一般的です。クリスマスにこだわらなければそれよりも前から飾りつけても構いません。神社などではクリスマス前から新年に向けての準備や飾りつけが行われていますね。近年日本でもクリスマスには飾りつけをする家庭やオフィスが多いため26日以降に飾り付けるところが増えてきたのです。重要なのは28日までに、ということです。というのは、29日は「苦待つ」と呼ばれ、縁起が悪いとされているのです。そして31日は「一夜飾り」と呼ばれ、神様に対しての誠意が感じられないということで良くないとされているのです。どうしても28日までに飾り付けが出来なかった場合は30日に飾りつけをしましょう。


飾る場所【門松】


門松は文字の通り門に飾ります。これは、神様が空から降りてくるのに目印となるために門に飾るとされています。


【しめ飾り】


玄関やオフィスのドアの正面に飾ります。これは、その場所が神様を迎え入れるのに清楚な場所ということを表すためにドア正面につるすのだとされています。

【破魔矢】


目線より高い位置に飾ります。神棚や梁に置いたりが一般的です。これは、神様を敬う気持ちを表すために目線より高い位置に置くとされています。

【鏡餅】


 皆が集まる場所に飾ります。昔の風習は、床の間に飾られていましたが、現在では家の様式も違いますので、皆が集まる場所に飾るのが一般的です。鏡餅は、神様への最高のお供え物とされています。正式な飾り方は、三方と呼ばれる台の上に半紙を敷き(大き目の半紙を前方と両側にたらすようにして敷きます)、昆布・裏白・ゆずり葉などを乗せた上に餅を重ねておき、その上に橙を置きます。みかんではなく、橙(だいだい)を乗せるのが正式です。橙はその呼び名から、「代々栄える」という縁起があるものとされているのです。というのが正式ですが、もう少し簡易的に半紙の上に餅を重ねて飾る、というものでも良いでしょう。


飾り終わったら


 正月飾りは、「松の内」と呼ばれる期間(元旦から7日まで)を過ぎたら、神社に収めるのが一般的です。地域により、集めて焼かれたり(どんど焼きなど)と違いもありますので、それに合わせましょう。また、松の内を15日までとしている地域もあります。地域により神社が回収を行っていない場合など(火を焚くことを禁止している地域など)は、小さく切り新聞紙などに包み処分しましょう。ゴミとして処分してしまうことに抵抗がある時は、塩でお清めをしてから処分すると良いとされています。海外からも注目されている日本のお正月、大切にしていきたい文化ですね。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する