1. あなたの上司はどのタイプ?上司操縦術 -決め切れない上司編4つのヒント

あなたの上司はどのタイプ?上司操縦術 -決め切れない上司編4つのヒント



 「部下に上司は選べない。」このフレーズで自分のキャリアアップを諦めてしまうのはなんとも勿体無いことです。どんな上司でも“使いよう”があります。今回は上司の中でも「プライドの高い上司」と双璧である「頼りにならない上司」中でも「決めきれない上司」の使いこなしについて紹介して行きます。


1.「飛び越え」や「無視」、「優越感」は厳禁


 「上司が頼りにならない分、自分が!」という気持ちは大いに必要ですが直属の上司が頼りないのでその上司を飛び越えて更に上の上司に話を持っていったり(例えば、係長が使えないので課長に直接。とか)直属の上司を無視したり、自分の決断力と比較して優越感から直属の上司を軽んじた態度を取ってしまったり。というのはやめた方が賢明な行為といえます。もしかしたら他部署の上長は、あなたのそんな行動を頼もしく思うようなニアンスの話をするかもしれません。しかしそれはあなたが直轄の部下ではないからです。もし、直轄の部下がその様な行動を取ったら上司は嫌なものです。外野だから褒めるのであって勘違いはしないようにしましょう。また、事情を知らない人が見たらあなたは傍若無人な部下と映ってしまうかもしれません。上司の使いこなしは、避けて通れませんので決めきれない上司でも有効に使うしかありません。嫌悪と敬意は別物という認識を持って接していきましょう。


2.決め切れない上司にはパターンがあった。


 一言で決めきれない上司といってもパターンがあります。まずは自分の上司がどのパターンに当てはまるのかを知り、アプローチを考えることが必要です。

 慎重派タイプ

 正確なデータや根拠ある裏付けを求めるあまり、決断が遅くなってしまうタイプです。このタイプは仕事ができないタイプには分類されていないケースも多く、その慎重さを評価されて上長に登用されているのかもしれません。早め早めにデータや根拠ある裏付けを提示して行きましょう。また、事前に作成した資料などを見せてアドバイスをもらうのも方法の1つです。そのアドバイスからどの様な部分までのモノが決断するまでに必要なのかを確認しておくと良いでしょう。

 感性タイプ

 慎重派タイプと違い、自らの感情のアンテナに引っかかった事は率先してやりますが、そうでないことは乗らないのかダラダラとやってしまうタイプです。このタイプは、自分の“乗り”が判断基準ですから正確なデータには興味がなかったり、難しく感じてしまうので正確なデータそのものに仕事を加速させる効果は期待できません。むしろ注目を浴びたい(人の目を気にする)という特性がありますので「部署内で注目されている」とか「部長が気にされていました」などの声がけや「斬新な取り組み」「業界、社内で初」などの先見的な語句に引かれる傾向があるのでそれを利用した方が良いかもしれません。

 みんな大好きタイプ

 調和を重んじ(過ぎて)八方美人になってしまうタイプです。このタイプは自分で決めるという事を極度に嫌がります。また、せかされると無理に決断をさせられていると感じてしまい不安と恐怖から反発してくる(怒りだす)可能性もあります。「関係部署には高評価で」などと周りが納得しているようなニアンスの言葉が好きなので時間に余裕のある段階から焦らず外堀から埋めるという気持ちでアプローチしていきましょう。緊急時の対応には更に上の上司に決めてもらえば話が早くスムーズに行く可能性がありますが上司1人ではなかなか行くまでに時間をロスしてしまうことになりかねないので「同行させていただき説明をさせて頂きたいのですが」と同行をかってでることも方法の1つです。



3サインを見逃すな


 決めきれない上司は意外に素直です。自分の立ち位置がどうしたら「安心」かつ「安全」かを考えて行動するクセがついていますから、それをストレートに表現してきます。例えば、「自分の一存では判断できない」とか「もっとデータが欲しい」とかです。このサインを見逃さず、出されたサインに応じたアプローチや方法を立案してあげる事が“使いこなし”には必要不可欠になります。


4決め切れない上司は勉強になる


 決めきれない上司は、あなたにとって非常に勉強になる存在です。上司のサインの見極めは空気を読む技術や相手を思いやる技術・上司コントロールの向上につながりますし、決めきれない上司を決めさせるアプローチは、あなたのプレゼン能力やリーダーシップ、先見的なものの見方、戦略構築・立案力などを実体験で向上させる格好の素材です。大切に扱いながら自己の研鑽を積んでいきましょう。決して相手のせいにするのではなく、自分の上司コントロールが悪かったなど自分の対応を振返るようにしておいた方が良いかもしれません。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する