1. 海外と日本で異なる「名刺交換マナー」の違いとは? 出張・転勤で役立つ「海外での名刺交換」のやり方

海外と日本で異なる「名刺交換マナー」の違いとは? 出張・転勤で役立つ「海外での名刺交換」のやり方

海外と日本で異なる「名刺交換マナー」の違いとは? 出張・転勤で役立つ「海外での名刺交換」のやり方 1番目の画像

 突然だが海外にも名刺交換の文化があるのはご存知だろうか?

 しかし、日本で名刺交換を行う際のマナーと、海外で名刺交換を行う際のマナーには違う点がいくつかある。

 そこで今回は海外転勤、急な海外出張のときに知っておきたい「海外での名刺交換マナー」を紹介したい。

海外での名刺交換マナー①:日本とは順番が違う!

海外での名刺交換では「握手→自己紹介→名刺交換」の流れ

 日本で名刺交換を行うのは、出会ってまず最初に名刺交換を行うもの。

 しかし、海外で同じことをしてしまうとそれはマナー違反になってしまう。海外では、まず握手と自己紹介が先なのだ。

 名刺交換は一番最後に行おう。

海外での名刺交換の流れ

 海外で名刺交換をする際の流れは以下のようになる。

海外での名刺交換の流れ①:挨拶をした後に、握手を交わす

 握手は目上の人が先に差し出すのが原則とされている。この時、しっかりと相手の手を握り、相手の目を見て挨拶しよう。

 日本人は握手をしながらお辞儀をする習慣があるが、海外では目線を外すことは失礼なこととされている。

 握手する際は、お辞儀はせずに相手の目をしっかり見よう。

 また、相手が女性の場合は女性から先に手を差し出されるまで待とう。海外では、男性が女性に握手を求めるのはマナー違反とされている。

海外での名刺交換の流れ②:名刺交換をする

 名刺交換する際は、訪問した側が名刺を先に渡そう。名刺の渡し方は日本と同様で、両手で名刺を持ち、交換する。

 日本では先に名刺交換を行うが、海外では挨拶が終わった後に名刺交換をすることを覚えておこう。

海外の名刺交換では「初めの挨拶」が重要

 また、海外では名刺交換よりも初めの挨拶が重要である。

 しっかりと相手の目を見て挨拶すること、そして握手はしっかりと相手の手を握ることを意識しよう。

 握手で相手に対する気持ちが量られるため、遠慮をしてそっと握手せずにしっかりと手を握ってほしい。

相手が日本の名刺交換の文化を知っていた場合

 日本の名刺交換のマナーは今海外にも浸透しつつある。

 そのため、相手が日本のマナーに合わせて先に名刺交換をしてくれる場合もあるだろう。

 とはいえ、やはり「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、「訪問したほうが相手の国のマナーに合わせる」ということが基本なのだ。


 最近の日本の名刺は表に日本語、裏に英語で表記されているものが増えてきた。

 それだけグローバル化が進み、海外企業との交渉の場も増えてきているということだ。

 海外の企業と取引がある際は、まずは相手の国のビジネスマナーを知ることが大切。

 急な転勤や出張になっても困らないよう、海外での名刺交換のマナーを覚えておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する