1. 年末年始の休暇、数日間はスキルアップのための勉強をしよう!

年末年始の休暇、数日間はスキルアップのための勉強をしよう!


 あなたは今年スキルアップすることができましたか?2013年も終わりが近づき、新たな年の幕開けも近づいています。来年はスキルアップを目指したい!という方は、この休暇をスキルアップのための勉強に充ててみてはいかがでしょうか。ここでは、年末年始の時間を利用してスキルアップを図る方法を紹介していきたいと思います。

スキルアップするために学びたいこと

 R25が行った調査によると、ビジネスパーソンが不安に感じているスキルは、語学力やデザイン力などが挙げられています。日頃不足していると思っているスキルを学ぶことは確実なスキルアップに繋がるため、勉強するのに格好の内容となるのではないでしょうか。


 また、ビル・ゲイツやザッカーバーグなどは、一般のビジネスマンもプログラミングスキルを付けるべきであるという発言をしており、この機会にプログラミングについて学んでみるというのも良いでしょう。

なぜ、年末年始にスキルアップするべきなのか

ビジネスマンの時間は限られている

 スキルアップをするときの障壁となるのが、時間がないという問題です。日頃忙しいビジネスマンの方は、時間を取ることがでいないからスキルアップが難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、年末年始の時間でしたら、十分な時間を確保することができるでしょう。

最初の取り掛かりを年末年始に

 よくプロレベルのスキルを身に付けるためには1万時間を要するという話がありますが、TEDで作家のジョシュ・カウフマン氏がプレゼンした内容によると、条件さえ揃えば、ある程度のスキルは20時間で身に付けることが可能であるそうです。まず最初の取り掛かりとして、20時間年末年始に勉強し、ある程度のスキルアップを図るという方法が良いのではないでしょうか。20時間である程度のスキルを身につけるためのコツは以下の通りです。


1.習得したいスキルを分解し、重要な部分から取り掛かる

2.自分で修正出来るレベルまで勉強する

3.スキルアップに集中するため、邪魔なものは排除する

4.少なくとも20時間は続け、途中で諦めない






 ここでは、年末年始にスキルアップしたほうが良い理由を、普段の生活では十分な時間が取りにくいことや習得できる時間数と合わせて紹介しました。年末年始の時間は貴重であるとおもうので、スキルアップをし、来年は躍進できる1年を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する