1. 【あなたは大丈夫?】営業前に確認しておきたい7つの身だしなみチェックポイント

【あなたは大丈夫?】営業前に確認しておきたい7つの身だしなみチェックポイント


 営業マンにとって大切な第一印象を決めるのが身だしなみです。しかし、なかなか意識できなかったりすることもあると思います。今回はそんなビジネスマンのために、身だしなみチェック一覧を作りました。営業前にぜひ鏡の前でチェックしてみてください。

身だしなみチェック

髪型は整っていますか?

 そもそも茶髪やロン毛ではないでしょうか。男性の髪型としては、襟足や耳に髪がかかることがないようにしておきましょう。また、フケが出ているのは清潔感という点から見ても注意が必要です。なかなか気づきにくいので訪問前に必ず確認しましょう。ビジネスのヘアスタイルとしては、以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 眉毛は自然ですか?

     眉毛は人の顔の印象をガラッと変えてしまいます。あまりに不自然なものや、細眉は営業には不適切です。眉毛は形を整える程度にして、なるべく自然な状態を保ちましょう。

    鼻毛は出ていませんか?

     こちらもじっくり鏡を見ないと気づきにくいもの。どんなにさわやかな笑顔でいても、ちょっと鼻毛が出てしまっているだけで台無しになってしまいます。

    爪は伸びていませんか?

     特に男性が見落としがちなのが爪の手入れ。書類などを呈示する時などに爪は必ず相手の目にとまります。爪が伸びていたりゴミが入っていたりしないようにきちんと手入れを行いましょう。

    歯は磨いていますか?

    特にランチ後に商談がある時は、歯に食べカスがついていないか確認しましょう。また、口臭対策という点から見ても、歯磨きはとても効果的です。外食する時にも歯ブラシを持ち歩く習慣をつけるといいと思います。

    スーツはよれよれではないですか?

     特に一人暮らしのビジネスマンだと、スーツがよれよれだったり汚れがついていたりすることがよくあります。それだけで清潔感がなく見えたり疲れて見えるため気をつけましょう。必要に応じてクリーニングを利用することも大切です。

    靴は磨いていますか?

     「足下を見る」ということわざがあるように、足下は非常に重要です。靴に汚れがついているだけで、相手の態度が変わることも起こりえます。必ず毎日靴は磨く習慣をつけましょう。また、同じ靴は2日連続で履かないこともおすすめします。これは足の臭いの原因にもなります。少なくとも1日はおいて、中を乾かすようにしましょう。

    身だしなみは訪問先に合わせる

     スーツやネクタイの柄などは、訪問先によって変えるというのもおすすめです。相手が歴史ある大企業であるなら、落ち着いた雰囲気で派手な印象を与えないようなものにする、逆に若いクリエイターなどと商談する場合は、デザインをおしゃれなものにしてみるなどです。相手が自分に対して持つイメージをよくするためにも、相手が求めているもの、相手の業界の常識をきちんと理解しておくことが必要です。


     身だしなみがきちんとしているかだけで、第一印象はまったく違ってきます。商談がマイナススタートにならないよう、最低限上記のチェックは行うようにしましょう。

    U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
    この記事を報告する