1. マイケル・ジョーダンの名言から学ぶ、理想のリーダーが持つべき3つのマインド

マイケル・ジョーダンの名言から学ぶ、理想のリーダーが持つべき3つのマインド


  天才バスケットボールプレイヤー、マイケル・ジョーダン。数々の偉業を成し遂げた彼ですが、個人プレーだけでなくチームの導き手としても天才的なセンスを見せた。今回はそんな彼の名言から、理想のリーダーの姿を考えてみたいと思います。

言行一致を貫く


リーダーとなるためには、行動によって仲間から尊敬を集めなければならない。リーダーとなる人は、バスケットボールの練習であれ、営業会議であれ、家族との接し方であれ、つねに言行一致を貫かなければならない。

出典: マイケル・ジョーダンの名言・格言集。バスケの神様 | 癒しツアー

  自分の言葉には責任を持つ。これは当然のことですが簡単にできることではありません。人の上に立つためにはどんなに細かいことであっても部下から失望されてはいけないのです。そのことをマイケルは忘れなかったのでしょう。チームの模範となり仲間を引っ張り続けるためにも、努力を欠かさなかったのです。

一度決めたことは後悔しない

私は大事なショットを外した後のことなんて考えたことがない。もし考えたならいつも悪い結果を思ってしまうからさ。

出典: マイケル・ジョーダンの名言・格言集。バスケの神様 | 癒しツアー | Page: 2

一人の限界を知る


僕はこのチームのスーパースターじゃないし、誰も陰に押しやりたいとは思わない。チームメイトにとけ込みたいだけだ。

出典: マイケル・ジョーダンの名言・格言集。バスケの神様 | 癒しツアー | Page: 2

  自分のほうが少し能力があるからと言って、他人を低く見てはいけません。 神の子と謳われたマイケルほどの人でも、自分一人の力には限界があることを自覚していました。一人だけでは最高のパフォーマンスは発揮できないし、何より協力したほうが、全員が気持ちの良い結果を迎えることができます。



  いかがでしょうか?超人的な結果を残したマイケルであっても、チームメイトをおろそかにすることはありませんでした。いつでも自分の全力を信じ、仲間とともにゲームに取り組むからこそ、彼は栄光をつかむことができたのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する