1. あなたのプレゼンを飛躍的にうまくする話し方のコツ3選

あなたのプレゼンを飛躍的にうまくする話し方のコツ3選


 プレゼンをするときに、相手にうまく自分の話が伝わっているか不安になるという方は多いのではないでしょうか。プレゼンで大切なのは、自分の意見や主張をうまく相手に伝え、納得させることではないでしょうか。ここでは、プレゼンの時にうまく話すことができるコツを紹介していきたいと思います。

1.話の始まりや身振り手振りに注意を払う

 プレゼンの際気をつけたいこととして、まず、話のはじめに「えーと」や「うーん」といった言葉を付けないことや、効果的な身振り手振りをすることなどが挙げられます。これらのことは、なかなかわかっていても直すことができないクセになっているものも多く、多くの人が気づかないうちに行っているようです。一度ビデオや携帯で自分のプレゼンを録画し、自分の行っているプレゼンを客観的に見ることでクセがわかり、修正することができるのではないでしょうか。

2.会場の広さや聞く人数を事前に確認する

TDU web news
出典:TDU web news

 人数や会場の広さによって、プレゼンのやり方というのは大きく変わります。会場の広さを確認することで、どの程度の声の大きさで話せばいいのかが分かりますし、会場の広さや収容する人数を確認することで、話している時に移動しながら話すのか、どのような身振り手振りを行うのか確認することができます。

3.冒頭は聞いていると思う人だけに向かって話す

 プレゼンでは、通常発表者1人に対して多くの観客がいるため、話す人にはかなりのプレッシャーがかかると思います。そこで、プレゼンの早い段階で話を積極的に聞いている人や、話を聞く姿勢の見える人を見つけ、その人に向かって話すことで、だんだんと緊張がほぐれて、自分のペースで話すことが出来るのではないでしょうか。




 プレゼンをするときは多くの人が緊張しますし、なかなか自分の言いたいことが言えずに終わってしまうケースも少なくありません。ここで挙げたようなコツを注意しながらプレゼンをすることで、少しでも話しやすくプレゼンを行うことができたらと思います。ぜひこのコツを使ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する