1. 質問に“答える”だけで日記が完成!これまで日記が続かなかった人必見のアプリ「Grid Diary」

質問に“答える”だけで日記が完成!これまで日記が続かなかった人必見のアプリ「Grid Diary」


 ビジネスマンとして成長したいと考えるのであれば、日記を使って日々の経験を振り返りアウトプットすることが大切になる。アウトプットを行えば、自己の成長や計画性の向上などが身につくが、継続して日記を書けないという人が多いだろう。


 そういった人でも日記を簡単に続けられるアプリ「Grid Diary」を紹介していこうと思う。

質問に答えるだけの日記アプリ「Grid Diary」

 「Grid Diary」は設定した質問に答えていくことで日記を書くことができるアプリだ。日記を続けられない理由の多くは「何を書けば良いか分からない…」ということだろう。そのため最初の2日や3日は楽しく書けるが、すぐに日記に書くネタがなくなってしまい、書くのを辞めてしまう。


 しかし、質問に答えるだけの「Grid Diary」を使えば、自分で日記に書くネタを考えずに済むので普通に日記を書くよりも続けられるようになるだろう。

質問は変更できる

 毎日同じ質問ばかりだと飽きてしまうが、質問はいつでも変更できる。上手く活用すれば日々の変化を記録する際は良いかもしれない。「今日の運動量は?」といった質問にしておけば、日々の運動量を記録できるとともに日別に比較することもできる。


 また、「今日やっておくべきだったと後悔したことは?」「今日思いついたことは?」といった質問を設定しておけば、日々の仕事の振り返りの場としても活用できるだろう。

操作は全てスワイプで行える

 「Grid Diary」は全てスワイプで行うことができるため、直感的な操作が可能となっている。左右のスワイプすれば質問が入れ替わるため、答えたくない質問があった場合もすぐに変えられる。操作がスワイプで行えるので、楽しみながら日記を付けられるのではないだろうか。


 また書いた日記に関してはiCloudに保存できるためMacを使っている人はPCからでも自分が書いた日記を閲覧することができる。1週間後に、「あの時何書いていたかな」と振り返ってみるのも良いかもしれない。




 日記を書いてみたいと思っているけど、続かなそうだからやっていないという人は多いのではないだろうか。しかし、質問に答えるだけであれば普通に日記を書くよりもハードルは低いため続けやすい。日記を書こうかなと思っている人はまず「Grid Diary」を使ってみてほしい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する