1. ビジネスでもMacを使おう!仕事でMacを使う3つのメリット

ビジネスでもMacを使おう!仕事でMacを使う3つのメリット


 近頃、職場にMacのパソコンを持つ人が増えていると感じたことはありませんか?シェアを見ても、Windowsが減少している中Macのシェアは増えていおり、企業のパソコンとして使われる事例も多くあるそうです。ここでは、Macを仕事で使うメリットを説明したいと思います。

Macを使う「デメリット」は減ってきている

 一般的にMacのパソコンは、Windowsとソフトやファイルの互換性が無いため、仕事では使えないとされていましたが、現在では考えられてきたデメリットも減少しつつあります。Macのパソコン上でWindowsを起動することができるような仮想化ソフトが多く出回っていますし、マイクロソフトのMac用Officeは、Windowsとほとんど大差ない機能を持っています。

1.アプリが豊富にあり、仕事の効率化に繋がる

 Macでは多種多様なアプリが利用できるようになっており、中には、仕事の効率を高めるアプリもあります。このようなアプリは、Windowsでは提供されていないものも多く、Macでしか使えないアプリがあるというのが、Macを利用するメリットの1つと言えます。

2.動作が軽く、OSが最新の状態で利用できる

 Windowsでは安定性や使いやすさの問題から、最新のWindows8ではなく、古いOSが利用されているケースが多いです。しかし、古いOSでは、動作も重く、時代に対応できない部分も増えてしまうと考えられます。Macを利用すれば、常に新しい状態のOSでパソコンを利用する事ができるため、動作も軽く、時代に合った状態でパソコンを使うことができるのではないでしょうか。

3.iPhoneとの親和性が高く、どこでも作業可能

 日本で1番利用ユーザーが多いと言われているiPhoneとの親和性が高いというのもMacを利用するメリットと言えるでしょう。iCloudやアプリを用いれば、パソコンでの作業をiPhoneですることもできますし、リマインダーや予定も同期することで、どこでも確認できるようになります。






 仕事ではWindowsを用いるべきだという時代は終わり、むしろMacを利用するメリットがかなり大きくなっていると言えるのではないでしょうか。仕事でパソコンを利用するときは、Macを選択肢として考えてみるのも良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する